2018年10月12日

クマタカカメラ H30総括


投稿も久しぶりですが、すっかり秋になりました。
現場に行っても気持ちのいい時期です。

といって、今回は最近の現場の話ではありません。
しばらくしていなかったので、猛禽ネタを。

以前も何度か書いてますが、私は研究と趣味、時には仕事を兼ねて、
クマタカなどの巣にセンサーカメラを設置しています。
それでもって、繁殖行動だとか餌内容だとかをより深く知ろう、というものです。
まあ、画像を見ているだけでも楽しい、というようなこともあります。

今年は、都合4カ所のクマタカの巣にカメラを設置しました。
以前も書いているところもありますが、今年の設置状況と結果を総括します。

@和歌山県某所
こちらは昨年から継続して設置しています。
昨年の場合は造巣期にわりと頻繁に飛来していましたが、
抱卵することなく繁殖に失敗。
今年は造巣期にまったく飛来なく、別の巣に移動したかな、
と思って抱卵期ぐらいに観察に行くと、繁殖していませんでした。
別の巣を作っているかどうかも不明。
しかしながら、6月になって何度か巣材を搬入。

180625宿♀?巣材搬入.jpg

使わないならとっととカメラを回収して別のところに設置したいのですが、
まだこの巣を利用する可能性があるようなので、今のところ継続設置。
来年に期待します。

A三重県某所
こちらは昨年末に設置しましたが、年末から1月早々にかけて、
わりと頻繁に飛来して、雌雄で造巣活動をしていましたが、
途中で巣を変えてしまいました。
枝先型のやや不安定な巣だったのですが、
巣に穴が開いていたので、それを嫌がったのかもしれません。
ただし、別のところでも結局のところ育雛中に繁殖活動を中断したようです。
2年連続して育雛中に失敗しており、その原因把握のためにも
カメラのかけてある巣を使ってほしかった。
営巣地移動確認後すぐにカメラを回収しています。



以上2カ所は営巣期前にカメラを設置していたところ、
以下は育雛中に巣に登ってカメラを設置したところです。
育雛中に巣に登るのは繁殖活動を阻害する可能性がないとは言えず、
これまでの様々な経験をふまえた最大限の配慮の上で実施しています。
また、ここでは公表を控えますが、本来の目的は別のところにあって、
カメラの設置は付随的なものです。

B滋賀県某所
こちらは巣から離れるようになる1週間ぐらい前をねらってカメラを7月中旬に設置しました。
実際、設置から5日後に枝移りするようになり、1週間後には夜間に巣に戻っていません。
ただし、ほぼ丸1日巣を離れていたのは設置後約20日たった8月上旬になってからで、
その後もほぼ毎日巣に姿を見せ、カメラを回収した9月下旬まで
ほぼ毎日巣に飛来していました。巣立ってからも巣が餌の受け渡し場所となっていたようです。
クマタカの場合、巣立ち時期という定義がなかなか成り立たないのですが、
このつがいの場合、特に顕著で、2ヶ月たっても「巣断ち」できていないようでした。
カメラのタイプはやや旧型の非送信型センサーカメラで、静止画のみを撮影しています。
動きに反応して撮影していますが、1回撮影すると10分インターバルをおく設定です。
ちょっとカメラの性能も悪くて、薄暗いと全然分からなかったり、
巣全体をカメラがとらえていなかったり、ということもあって、
餌の種類がわからないものも多くありました。
それでも、餌搬入があったであろう機会のうち、
概ね6割で哺乳類か、爬虫類か、鳥かぐらいは識別できました。
分からなかったものの多くは親が既に途中まで食べた肉塊であったり、
小さくてすぐに食べられてしまったものと考えられます。
また、鳥はそのまま搬入されることが少なく、分からないものが多いです。
代表的なものを紹介すると、

180715後J♀.JPG

こちらはカメラ設置の次の日にやってきた親鳥(♀)と雛(下)。

180805後♂餌.JPG

こちらはクマタカの餌としては代表的な餌であるニホンリスと
それを搬入した♂です。
雛はこのとき既に巣にはいません。

180811後J♀餌.JPG

こちらは下に雛というか既に巣立っている幼鳥が左側にいて、
右上に巣立ってからも餌を給餌する♀がいます。
♀の下にはこのときの餌であるアナグマが眠ってらっしゃいます。
なんだかこのあたりではアナグマの幼獣がよく餌になっているようです。

180730後J餌.JPG

これはわかりますかね。光線のかげんでわかりづらいのですが、
真ん中に雛がいて、その左側が餌です。
足の形からは鳥とわかります。でも4本あるような。
鳥の雛が2個体つながって見えているようです。
これは1時間ぐらいで連続で搬入されているので、
同じ巣でねらって捕獲したものかもしれませんね。

180724後J餌.JPG

こちらは今回のハイライトです。個人的には驚きでした。
まず左下に雛がいます。
左上にはシマヘビがあります。このあたりはまあわかりやすいのでは。
では、右上にあるのはなんでしょう。

生きている姿とだいぶ違って見えるので、わりと生き物に詳しい方でも
「なんじゃこりゃあ」という感じだと思います。

これ、イノシシの幼獣です。
えー、と思われるかもしれませんが、よく見てもらうと、
足の先にひづめが見えると思います。
この段階でシカ、カモシカ、イノシシに絞られます。
後は図鑑等で見比べていただければ。
足の長さとか耳の形とか。

狩猟で撃たれたイノシシがクマタカの餌になっている例は現場でも
見たことがありますし、文献などにも載っていますが、
巣への搬入物としては他では知りません。

他の特徴としては、一般的にクマタカの代表的な餌とされるヘビ
(特にアオダイショウ)がここでは少ない。
その分、哺乳類と鳥類が多いのですが、鳥はハトよりも小さいものが多く、
哺乳類は幼獣が多いとはいえ、タヌキやアナグマ、イノシシなど
ボリュームがあるので、量としては哺乳類で大部分を占めそうです。

C滋賀県某所
こちらはBの隣接つがいですが、繁殖の進行はBよりも1ヶ月ほど早く、
巣から離れるようになるのはもっと早かったようです。
こちらは巣を特定した段階で、地上に画像送信型カメラを設置して、
繁殖の進行状況を見守ってました。
そのときの画像がこちら。

180506高望J♀.JPG

設置時に思っていたより雛が小さくて早々に退却する必要があったことや、
体調が悪くて設置するのが精一杯だった、というようなことで、
ピントがぼけてます。

その後、また枝移りし始める1週間前ぐらいをねらって、
巣に登ってカメラを設置しました。
こちらは送信型で、静止画と動画の両方を撮影しました。
画質もBに比べるとだいぶいいですが、やはり巣の全体を捉えていません。
餌の受け渡しは巣の中央でも、給餌は巣の外側で行われることが多く、
搬入直後を撮影できていないと、わからないまま、ということがよくありました。
インターバルはここでも10分で、搬入直後はなかなか撮影できていません。
加えて、餌が搬入されると、

180618高J餌.jpg

こんなふうに、餌を親鳥に食べられないように、
雛がすぐ覆い被さってしまうので、餌がなかなか見えません。
このようなことから、特にすぐ食べ終わってしまうような餌は
どうしても分からないのですが、
ここの場合には8割近くの餌の種類がだいたいわかりました。
やっぱり動画がついているとわかりやすい。
中にはカナヘビとかかなり小さい餌も含まれます。
また、滋賀県では初記録ではないか、という種類も含まれていました。
他事例でもこうしたクマタカの巣の映像から、その地方で分布初記録、
という種類が確認されたことがありますが、
クマタカは多種多様な餌を捕る名ハンターなので、
クマタカの巣にカメラを設置すると、なかなか良い動物相調査となります。

それでは映像を紹介します。

180619高J餌.jpg

こちらは最初からちょっとすごい。
真ん中やや上にはリスがあります。
その下の足はシカのものです。
搬入したときは付け根までありました。
すごいですね。
幼獣とはいえシカを襲うんですね。
他のところではシカの子が丸ごと巣にあったこともあります。
クマタカ恐るべし。
ここの場合は、他で親鳥がある程度捌くか、食べてから一部を搬入したようです。

180622高♀餌.JPG

これは、モグラをくわえて♀が巣に飛来したところです。
雛は右の枝にとまってまして、伸びかけの尾羽だけ見えます。
まだ6月下旬ですが、枝移りしています。



続いては♀がスギの青葉を巣に搬入したところ。
動画ですが、容量低下のため画質はやや落としています。
巣立ちの時期なのにまだ巣材を入れてます。
雛はもう巣にいないんですが、惰性でしょうか。
それとも巣を目立たなくするためでしょうか。



また♀が食べかけのアナグマを搬入したところ。
♀の爪の下にはその前に搬入していたモグラもあります。



最後は♂がヘビを搬入したところ。まだ動いています。
種類は分かりますかね。
鎖模様が見えるからマムシ?

いや、たぶん細長いところや微妙な模様の違い、
色などから似ていますがアオダイショウの幼蛇です。
頭も映っているし。
クマタカなどの猛禽類の餌にマムシ、とされているヘビが
結構含まれていますが、マムシとアオダイショウやシマヘビの
幼蛇は似ているというか、擬態しているので、よく見えないまま、
間違われていることが多いのではないか、と思っています。

ここの巣でもやっぱりヘビは少なくて、哺乳類が多く、鳥類が続きます。
ただし、哺乳類ではモグラが3分の2を占めていて、
Bに比べるとモグラなど小さめの種の割合が高くなっています。


今年の結果は以上です。
やっぱり猛禽類は望遠鏡などで観察するだけでもおもしろいですが、
より深く知るためにはこうしたカメラによる調査も必要なものかと思います。
今回、餌の種類が把握できた2カ所でも、隣接したつがいなのに餌の
内容はだいぶ異なります。
さらに、昨年やった場所もこれら2カ所と隣接したつがいですが、
そこは半分ぐらいヘビが占めているなどかなり違いがあります。
この違いは性格など個体の特性によるものなのか、繁殖の進行状況による
微妙な時期の違いによるものなのか、植生の違いによる生息する
餌動物の違いによるものなのか。
また、この地域でも以前はウサギが代表的な餌とされていましたが、
昨年から今年のこうした調査の結果では、ウサギはまったく
確認していません。餌の種類も変わりつつあるのでしょうか。
考察ポイントや多々あり、興味は尽きません。

今後もこうした調査は続けていこうと思います。
また機会があれば本ブログにても紹介します。

もう少し事例が集まれば、学会とか機関誌とかで発表できるかな。

まあ、お好きな方はお楽しみに。

またやたら長く書いてしまった。
小分けにしてもいいのですが、何度も書くより時間のあるときに
まとめて書く方が楽なので。





posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 00:09| 生物調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

夏に夜空を見上げたら


もうすぐ8月も終わりですね。

夏がくーれば思い出すう♪
というような良い思い出はかけらもなく、ただ暑い夏でしたが、
それでも夏が過ぎていくというのは少しながら寂しく感じたりいたします。
みなさまはどのような夏を過ごされましたでしょうか。

私の方は、これといったことは特に何もしていないのですが、
火星が15年ぶりに大接近、というニュースがあったので、
久しぶりに夜空を眺めてみました。
そうすると、夜の早い時間帯には火星だけでなく、
木星とか土星も南の空に出ていました。
観測しやすいこれら3惑星がいっぺんに見られるというのも
珍しいのではないでしょうか。

せっかくなので、普段、日中に鳥などの観察に使っている
望遠鏡やカメラを星に向けてみました。

DSC05266.JPG

こちら火星。
大接近といっても火星はこんなもの。丸っこくしか見えません。

DSC05263.JPG

なんぼ拡大してもたこ焼きにしか見えない。
鳥を見るための望遠鏡だとこの程度が限界。
100年以上前に運河のような模様が見えた、というのですから驚きです。

続いて木星。

DSC07809.JPG

こちらは木星の周囲を回る4大衛星が観測できます。この写真では3つ。
一つは木星に隠れているんだろうと思います。
毎日見ていれば動いていくのが分かるとのこと。
400年前にガリレオも観測していたらしい。

明るさを調節して撮影するとこのとおり。

DSC07853.JPG

DSC07851.JPG

縞模様がくっきり見えます。

最後に土星。

DSC05268.JPG

DSC05270.JPG

輪がくっきり見えます。
土星の輪はずっとこのように見えるわけではなくて、
土星の傾きによっては輪が見えなくなる時期もあります。
今年は比較的輪がよく見えるようです。
このような土星を見てガリレオは「土星には耳がある」と言ったそうですが、
確かにへんてこな形をしています。

まあこんな感じで今年の夏は惑星観測がやりやすい条件がそろっていたようです。
みなさまもよろしければ夏の夜空に目を向けてみてはいかがでしょうか。

再来週には環境設計の研修旅行があるらしい。
今年は高原に行くらしい。
晴れて夜にあんまり酔っぱらってなければ、また星でも観測してみるかな。




posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 21:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

平成30年度表彰


暑い日が続きますね。
とはいっても、今週は夏休みということで、
のんびりされている方も多いのではないでしょうか。
つかの間の休息、ゆっくりお休みください。

「あんたは休みではないのか、お盆でも仕事か、なんちゅうブラックな!」
と思われるかもしれませんが、環境設計の技術系部署の夏休みは、
だいぶ前から7月から9月までの期間なら、いつとってもいい、
ということになっておりまして、私の夏休みはもうとっちゃいました。

とはいえ、日本の風習なんでしょうか、やっぱり今週に夏休みをとる人が多く、
社内は閑散としています。あと、総務・営業は13〜15日を休みとしていて、
玄関の鍵は閉めてますし、電話もかからないようにしています。
このため、非常に静かです。通勤も楽です。
個人的には、お盆は落ち着いて仕事をする期間、と思ってます。

さて、話は変わりますが、例年、7月は我々建設コンサルタントにおいて、
業務表彰の時期です。
数年前まではこのようなことを意識することもなかったのですが、
ここのところ毎年、表彰していただいているので、内示の連絡が入ることの多い
6月下旬頃から多少、そわそわするようになりました。
数年前までは、業界団体である○○協会であったり、○○学会から表彰されたり、
コンペで賞をとったりすることがあり、これはこれで、専門性の観点から優れている、
と評されているわけで、ありがたい、とは思うのですが、
最近いただいている「業務表彰」というのは、直接仕事を発注してもらっている
お客さん(お役所)から、「いい仕事をしてもらった」とほめられるわけですから、
また違った喜びがあります。
また、いい仕事をした、というのも自己満足よりも他人から評価される方が、
うれしく思いますし、ありがたくも感じます。

今年については、環境設計株式会社として、5件が優良業務として表彰されました。
詳細は本HPの「技術情報」→「受賞歴」をご参照ください。
このうち、1件が環境省、1件が大阪府、残り3件が(独)水資源機構となっています。
環境省、大阪府からの表彰は今年が初めてです。
こうした業務の表彰式が7月にありまして、私も何件か参加させていただきました。

業務表彰というのは、昔は建設省(現:国土交通省)ぐらいしかなかったのですが、
いい仕事をしたらほめてあげよう、そうするとはげみになって、
全体的にいい仕事をするようになるだろう、といった思惑があるのかないのか、
近年では表彰する機関が増えつつあります。

とはいっても、当社の表彰件数の伸びは、それ以上のものがありまして、
社員数20人に満たない会社の規模で5件も表彰いただいているというのは、
かなりのものがある、と思います。
社員数1000人を超える大手コンサルでも年間の表彰件数というのは、
100件を超えるようなところはありません。
そもそも環境設計の受注業務の半分以上は表彰制度のない機関からの発注ですし、
表彰される業務の確率というのはかなり高いんじゃないでしょうか。
それだけ、発注者の期待に応える仕事をしているんだろうと思いますし、
技術力の一つの証明かもしれません。

こういった優良業務といった業務自体を表彰される制度と同様に、
「優秀技術者」として個人が表彰されることもあります。
多くは優良業務を担当した技術者の中で、「管理技術者」とか「主任技術者」
といった責任者が選ばれることが多いのですが、
時折、業務自体は表彰されなくても、優秀技術者のみ表彰される場合がありますし、
責任者以外の担当者が選ばれる場合もあります。
よほど個人的に優れていた、ということでしょうか。

当社では優良業務5件のうち、これを担当したのべ4人が優秀技術者として
表彰されました。大阪府では優良業務表彰の制度はあっても、
個人表彰の制度はないので、それ以外の業務で優秀技術者表彰をいただいた、
ことになります。このうち1人は責任者ではなく、担当者でした。

また、私個人はこのうち、3件に関わってまして、優秀技術者表彰も
3件分いただきました。表彰業務に関わるのも5年連続となります。
えへん、えへん。
とはいえ、業務というのは多くの場合、一人でやるものではないですし、
実際、私が関わって表彰を受けた業務はいずれも、複数の技術者が
担当者として携わり、さらには外部の協力会社であったり、
個人の調査員であったり、社内のバイトさんが協力してくれています。
謙遜ではなく、正直なところ、チーム力の勝利ではないか、と思います。
本当のところ、私自身は、いい仕事をしよう、という意識はあっても、
あまり難しいことを考えるタイプでもなく、深い知識もないので、
協力してくれる人の技術とか知識が頼りです。

こういう表彰において、名前が公になるのは、
優秀技術者表彰される人のみでして、これは少々残念なことなので、
環境設計株式会社では、優良業務表彰を受賞したら、
関わった人には金一封が出ます。
昔は国土交通省の、とある地方整備局などは記念品として日本酒をくれたものでしたが、
そういうものがあれば、関わった人たちで一杯やろう、となるんですけどね。

まあ、そういう金とか物とかをもらわなくても、名前が公にならなくても、
優良業務表彰を受賞した業務に携わった社内の技術者、というのは、
優秀技術者表彰を受けた人以外でもテクリスなど役所側の記録に残りますし、
技術者として箔がつきます。
それでなくても、表彰された業務に携わった、というだけで、いい仕事をした、
お客さんに満足していただけた、というふうに誇りに思ってもいいのではないでしょうか。

会社としても、業務表彰があれば、次の入札に参加するときに門戸が広がったり、
技術点とか実績点とかが高くなってプロポーザルとか総合評価方式の入札で
有利になるので、営業的に大いに助かります。
それだけでなく、業務表彰が多い会社に属しているということは、
社員個々も技術力が高い、と誇ることができますし、それぞれの仕事に対する
モチベーションも上がるような気がします。
やっぱり、粗悪品を濫造したり、安かろう悪かろうの精神で仕事をするよりも、
「品質の高い会社の一員」と思って仕事をする方が気持ちがいいでしょうしね。

では、優良業務とか優秀技術者とかいったものが、どういうふうに選ばれるかというと、
これは機関によって多少異なっています。多くは、業務評定点が高い業務、
あるいは高い技術者の中から、さらに、表彰の対象とすべき、
という推薦を受けて選ばれるようです。
業務評定自体が細かい基準があって、総合的に高い点数をとらなければ、
表彰に値しないようですが、そこからさらに「推薦」されなければ選ばれない、
ということで、点数という定量的な物差し以外の気持ちの部分でもお客さんを
満足させるものでないと表彰されない、ということでしょうか。
一部には、業務評定点が高い方から何パーセントという割合が決めてあって、
上位は自動的に選定される場合もあるようです。

私が携わった表彰業務は推薦を受けるという方式のところばかりですが、
同じ機関の業務で同様の業務評定点であっても、
表彰される業務と表彰されない業務があります。
そういったことから、表彰いただいた業務の発注者側の方々には、
「環境設計株式会社を表彰してやろう」と好意を持って、
ご推薦いただいたということでしょうから、深く感謝いたします。
表彰する側も表彰状を作るだけではなくて、表彰式を準備するなど、
時間と手間がかかって、結構面倒なはずですが、
それを押して表彰していただいたこと、ありがたく思います。

とはいえ、私自身、関わった業務すべてが表彰されたわけではありません。
また、今年表彰いただいた3件も、ありがたくはありますが、
もっと上のランクの表彰があって、満足しているわけではありません。
いただいた表彰3件は、水資源機構の事務所長表彰もしくは部長表彰でして、
水資源機構ではその上に支社表彰があり、さらに一番上に理事長表彰があります。
なので、これに満足することなく、すべての業務が表彰されるように、
あるいはもっと上のランクの表彰がいただけるように精進しようと思います。

しかし、今年表彰をいただいた業務の一つとほぼ同じ業務を発注事務所が異なるだけで、
同一機関から、ほぼ同一地域で同一時期に同じようなメンバーで
あと3件実施しているのですが、表彰いただけたのは1件だけでした。
私としては、どれも同じようなアプローチで同じようなレベルの結果を
出したつもりでしたが、業務評定点の段階からこの4件にはばらつきがありました。
同一機関からの業務だったので、評価基準は同じはずです。
不思議なようですが、評価するのは人なので、同じようには評価されないようです。

このあたりも私自身反省せにゃならんところなんだろうと思います。
せっかくいい成果をみんなで出しても、業務の責任者として、
私がうまく発注者に理解できるよう説明できなければ、
高い評価が得られないんだろうと思います。
受け取り側の問題と文句を言うのではなく、
サービス業なんだから相手に合わせて説明しないと。
せっかくみんなが苦労したものをアンカーが台無しにしたら申し訳ない。

一方で、評定点が低いとか表彰されないからといって、
すべて品質が低い、とか対応が悪い、ということではないと思います。

評定点は発注者によって全般的に高いところ、
低いところといった傾向もありますし、
よく表彰を出してくれる発注者とそうでないところもあります。
さらにいうと、人と人のおつきあいなので、どうしても相性、といったものもあります。
総じて、運に左右される部分があります。

なので、評定点が低くても、表彰されなくても卑下する必要はありません。
私が書くと手前味噌のようですが(まあ自慢が多いことは自覚してます)、
環境設計の社員はみんな、それぞれ誠実に仕事に取り組んでおり、
高い技術力をもって、いい仕事をしていると思います。
ですが、残念ながら、みなさん私と違って謙虚で、
自ら「この業務は品質が高い」と言うようなことがなく、
私からすれば、もうちょっとアピールすれば、さらに評定点が高まり、
表彰件数も増えるのにな、と思うことがよくあります。

まあ、社員全員が私のようなヤツばかりだと、アクがありすぎて、
よろしくないのかもしれない。
あるいは、環境設計は自己アピールばっかりで実が伴わない、
とか言われかねないので、バランスがとれているのかもしれません。

いずれにしても、今年もいい仕事をして、
しっかりお客さんに評価していただきましょう。

お盆にほぼ自慢話に終始した読みづらいことを
やたら長ったらしくだらだら書いてしまった。

人が休んでいるときに何をやっているんだか。
静かな環境で効率的に仕事を進めようと思ったのに、
周りに人がいないと、どうも緊張感なく、
仕事らしい仕事もしないまま1日をすごしてしまった。

反省反省。ほめられたときほど反省。

(代)
posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 21:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする