2015年08月19日

ドローン(だいぶ前に)買いました


お盆もすぎましたがまだまだ暑いですね。
夏休みはとられましたか。
私は特に忙しくもないのですが、お盆は出社して、今月末に夏休みをとります。
その方が旅行するのに混んでないし、安い、
逆にお盆の間は電話も入らないし、電車も空いているので会社に来るのも快適、
という理由。
環境設計では夏休みはこういう感じで7〜9月の間であれば、
自由にとる期間を選択できるのですが、まあわりとみなさんお盆に休みます。
やっぱり日本の風習ですかね。

さて、もうずいぶん前の話になるのですが、ドローン買いました。
そう、お騒がせのアレです。
おフランス製のParrot社ARドローン2というやつです。

ドローン2.jpg

こんなやつ。

個人的に遊びで買いましたが、たぶん、仕事にも役に立つかと。
生物調査で木の上の鳥の巣を探すとか、たどり着けない場所からの景観を確認するとか、
アイデア次第でいろいろな用途がありえると思います。

ただ、買ったのは12月頃なのに、まだまったく実用には至っておりません。
というか、3月までは忙しかったし、それ以降は世間様が騒がしくなって、
なかなか町中では使えなくなったし。
現場では日中、仕事があるし。

というわけで、未だに訓練中。
まだまだへたくそです。
ですが、まあちょっと、どんなもんかお見せしましょうかね。



ブログにアップするのに画質を落としておりますが、静止画だとこんな感じ。

スナップショット3.jpg

これは、最初のとき。まだ冬でした。
取説もよく読まないで、とりあえず飛ばしてみました。
その結果、制御不能になって、知らない人の屋根に落としてしまいます。
スマホ画面でコントロールするのですが、
wifiの届く距離50mを超えると制御不能となります。
なんとか、こちらが近づいていって復活。無事戻ってきました。

その後も水を張った田んぼに落としたり(浸水して一時的に故障、乾かせたら復活)、
実家の部屋の中で障子を破いたり(親から怒られる)、
会社の天井にぶつけたり(モーターのギヤを破損して交換)、

まあ、いろいろと失敗しております。
とにかく、目標に近づけるのも難しいのですが、
平らな場所が少ないとき、ねらった場所に着陸させるのがなかなか困難。
とはいえ、少しは要領をつかんできました。



これなんかはうまくいった例。運動場の朝礼台に着陸させてみました。
よく考えたら、小学校のグラウンドで飛ばしていたのは問題だったかな。
田舎でフェンスもなんにもなかったが・・・・。

次は、木に近づけてみた。
鳥の巣を探す、という想定。



まあ、こんな感じかな。

ちなみに、同じように木に近づけて練習しているとき、偶然撮れていたカラスの巣。

スナップショット 1.png

このときは、決して、まったく、全然、誓って、知らなかったのですが、
すぐ近くに露天風呂があるとかで、近所の方から「遠慮してもらいたい」、
とおだやかに退去させられました。

いやあ、ドローンを飛ばすときは周辺の環境をよく把握していないとダメですね。

今のところこんな感じで遊んでおりますが、いろいろと用途はありそうです。
ARドローン2は、値段はそんなに高くないですが、スピードや傾きの上限を設定できますし、
ホバリング時には風があってもその場にとどまろうとしてがんばるなど、
わりと安定していて、使いやすいように思います。
制御できる距離が短いのとスマホ画面での操作性が悪いのが欠点か。

他の人に見せてもらった数千円とか1万円ぐらいのやつよりはかなりいい。

次はどこの現場で遊ぼうか。

ドコモポイント
posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 21:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする