2016年01月15日

ドローン(だいぶ前に)買いました part2


やっとこさ大阪でも寒くなってきました。
ほんの少し前ですが、新潟の山でクマを見ました。

DSC07186.JPG

いつもの年ならちょっとありえないですよね。
寒くないからか、雪が少なくて餌が食べられるから冬眠しないのか。
いずれにしても異常です。

暖冬で個人的に気になるのは、自然界の生き物のことよりも、
スキー場の雪の量です。
繁忙期明けまで雪が持たないのではないか。
正月も例年ならスキーに1回ぐらい行くのですが、
近畿のスキー場はほとんど雪がなかったので断念しました。

そのかわり、実家の近くでドローンを飛ばして遊んでました。
以前ご紹介したとおり、個人的なおもちゃとして昨年の今頃に
5万円ぐらいのものを最初に買いました。

PB050124.JPG

これは、まあまあ安定していたのですが、少々図体が大きいのと、
スマホがコントローラーで操作性が悪く、本当に遊び専門です。

次に、もう少し小さくてそれ専用のコントローラーがあるものを買いました。
1万円ぐらいです。
これも個人的に買ったのですが、わりと操作性がよい。
生物調査にも使えるんじゃないか。
それで、ちょこっと練習して、実戦投入してみようと。

木登りのとき、ロープを枝にかけられると非常に楽になるのですが、
高い枝にロープをかけるのがなかなか難しい。
なので、ドローンに釣り糸をつけて枝をくぐらせようと思ったわけです。
で、どうなったかというと。
そもそも飛ばない。
せっかく山の上まで持って行ったのに、なぜかそのとき、プロペラが回らない。
作戦大失敗。
それなのに、なぜか持って帰ってきたら普通に飛ぶ。
なんでやねん。
小雨が降っていたので働きたくなかったのか。
なかなかぐうたらなやつです。
今に至るまで何ヶ月も動いてますが、プロペラが回らなかったのはそのときだけ。

これら二つは個人的なものでしたが、会社でも昨年秋ぐらいにドローンを買いました。
これは最初から仕事に使うべく買ったものなのでかなり高価。
18万円也。
Phantom 3 Professionalです。

これを買うとき、だれかが、他人をケガさせたり物を壊したら大変だ、
と言ったのですが、私は自分の買った二つの経験から、
「こんな軽い物でけがをするか、水に浮くぐらいだ」などと言っておりました。
それが、実物が来たら驚きました。
これは、・・・首の骨が折れる。
高いところから落ちてきたら大変です。

ですが、重いこともあって非常に安定性がよい。操作性も抜群。
前の二つとはまったくコントローラーの仕様が異なるのですが、
ほとんど練習なしでも苦労なしに飛ばせる。
まあ、いつものとおり前置きが長すぎましたが、画像をお見せしましょう。
カメラも4Kなので映像がすごくきれい。
とはいえ、容量がものすごく重い。
ブログに載せるためにものすごく軽く変換したので画質はひどくなってます。



これでも使い始めて最初の日。
画質はともかく、安定性はわかっていただけるのでは。

実家で甥っ子の部屋をのぞいてやった。
すぐ気づかれたようなので、犯罪には使えませんな。
画質があんまりなので、あまり劣化させていないものも短い時間ですがご紹介しておきます。



次に山に持って行って模擬植生調査。



斜面の下から見上げても見えない場所の植生がばっちり。

いろんな用途がありそうです。
まずはいろいろ遊んでみて、活用方法を考えよう。

すでにN君とかが斜面調査とか景観調査とかに利用しているみたいですが、
遅ればせながら私も利用させていただきます。
しばらくは私のおもちゃだな。



posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 23:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

新年ご挨拶


あけましておめでとうございます。
仕事をいただくお客様、一緒に仕事に携わっていただく協力者の方々、
社員のご家族の皆様、これから一緒に仕事をするかもしれない未来の社員のあなた、
本年も環境設計株式会社をよろしくお願いします。

■年賀状2016_1.png

今年の会社の年賀状です。
Nさんのデザインです。
私の提供したサルの写真は早々に却下されました。残念。

さて、本ブログも開設5年目を迎えます。
会社の方も年末に来年は設立49年目を迎える、と書いたところ、
「何をいうとるんじゃ、まだ48年目じゃあ」
とおしかりを受けました。
会社設立が1968年1月31日なので、現在のところまだ47歳にして48年目。
でも、この1月31日には49年目を迎えます。
50周年までは正確にはまだ2年ありますが、50年目まではもうあと1年。
企業としてはかなり長寿の部類に入ってきたようです。
30年生き残れる会社が0.1%に満たないそうですから、大したものではないでしょうか。
もっとも、私はこのうち10年ほどしか関わっておりませんので大きなことは言えません。
とはいえ、会社は老齢といってもいい年数を経てきたといっても、
社員には新陳代謝があり、現在の年齢構成としてはかなり若い。
まだまだ守りに入らず、新年に当たって心機一転、
成長を目指してがんばっていこうと思います。

まあ、具体的に何をするか、というのはないですが、
お客さんのご期待に応えるため、まずは技術力を高めていきたいですね。
新たな技術の習得であったり、習熟であったり、精度の向上であったり、
個々に課題はあろうかと思います。

個人的にはドローンの習熟ですかね。
カワウの巣から卵を盗み出したり、シカを追い回したりするぐらいになりたいですね。

あとは、本ブログのアクセス数の増加を目指そう。
その第一歩として、客寄せパンダを用意しました。



それでは本年も本ブログをどうぞよろしくお願いします。


posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 13:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする