2016年12月30日

年末ご挨拶


もう明日は大晦日。
今年はブログの更新が少なかったですね。
毎年同じようなことをやっていると、ネタが少なくなります。
仕事は例年より若干少なめで、秋以降は少々ゆとりがあったような気がします。
猛禽の現場を意識的に減らした結果、9月から来年1月までまとまった猛禽現場がありません。
こんなことは猛禽調査を始めて以来です。
代わりに設計とか計画に係わる仕事が増えて、さらには調査の内業であったり、
他の生き物の調査はあったのですが、何となく物足りない。
体調までなんだかおかしくなってしまいました。
そんなわけで、2月以降はまたどんどん猛禽現場を入れていきます。
現場があればまたご紹介できるネタもあるでしょう。

来年は猛禽でもちょっと新しいことを始めようと思ってます。
クマタカやオオタカの巣がのぞける位置にカメラを設置し、
リアルタイムの画像を現場から会社に送信します。
それを本ブログであったり、会社HPで紹介しようかと。
過去にも巣にカメラを設置したことは何度かありますし、
技術的に特に新しいわけではありません。
ただ、これまでは業務の一環としてやっていたので、
勝手に紹介するわけにはいきませんでした。
それを自主的にやって、送られてきた繁殖画像を頻繁にアップしていこうかと。
また実施段階になったらご報告します。

さて、平成28年ももう終わりです。
今年もお世話になりました。
私個人はともかく、周囲は忙しそうで、会社は活気があります。
大小様々1年を通してみればいろんなことがあって、
いいことばかりではなかったですが、
営業的には非常に順調なご様子。
これも仕事を発注していただけるお客様のおかげです。
来年もひとつよろしくお願いします。

最後に、今年の納会の様子を紹介しておきます。
例年どおり27日で通常業務は終了。28日は社員全員で朝から大掃除。
それが終わると梅田で忘年会。
一次会は普通の飲み会ですが、二次会が個人的には本番のボーリング大会。

DSC_0039.JPG

4チームに分かれたチーム戦と個人戦を争います。
チーム戦では初めて賞品をもらいましたが、まあこれはどうでもよろし。
個人戦はA君の優勝。二度目です。
私は今回は三位。連覇ならず。
まあ、毎回主催者が一位商品を持って帰ったらおもしろくないので、
遠慮した、ということにしておきましょう。

そんなこんなで納会も終わり、正月明けは5日から営業です。
みなさんよいお年を。




posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 20:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

元社長を偲んで


このブログは会社のブログでありながら、
普段、あまりまじめなことを書いておりませんので、
しばらく投稿を遠慮しておりました。
それというのも、環境設計株式会社にとって長くシンボル的存在であった、
井上芳治さんが8月9日未明に逝去されました。

すでに弊社からは現役を引退されてから実質的に10年近くたつことや、
故人およびご遺族が通夜および葬儀をできるだけ慎ましく行いたい、
その後も静かに暮らしたいとのご意向を伺っておりましたので、
弊社からホームページ上を含め積極的にお知らせすることは控えておりました。
生前おつきあいがあった方で、本ブログで初めて井上さんご逝去の報にふれられる、
という方はまずいらっしゃらないと思いますが、
もしおられたとすれば、お知らせが遅くなったことをお詫び申し上げます。

とはいえ、井上さんは生前、関西造園界を中心に活躍されておられたので、
ご逝去の報も自然に広がることとなり、ご友人や昔のお仲間など多くの方から、
ぜひ井上さんの生前の思い出を話す場が欲しい、との声が上がり、
弊社も発起人となって、「井上芳治さんとの思い出を語る会」を
11月19日に開催させていただきました。
ご参加いただいた方には御礼申し上げます。
当日は多くの方にご参加いただきましたが、これも故人のご遺徳かと思います。

DSC09257.JPG

DSC09202.JPG

井上芳治さんは、弊社創業メンバーであり、
元代表取締役、元会長及び顧問でありました。
経歴を簡単にまとめます。

(生年月日)昭和16年11月23日
(環境設計株式会社での経歴)
      昭和43年  環境設計株式会社創業と同時に入社、取締役就任
      昭和44年  代表取締役就任
      平成19年  代表取締役退任、取締役会長就任
      平成21年  取締役会長退任、顧問就任
(賞罰)  平成11年  黄綬褒章受章
(資格)技術士(建設部門:都市及び地方計画)
    登録ランドスケープアーキテクト(RLA)

特に、造園設計という分野が民間が担うようになった草創期に、
会社を立ち上げ、代表技術者として約40年の長きにわたって率いてこられました。
井上さんが手がけられた伊丹市の昆陽池公園や淡路花博での百段苑は、
今でも環境設計株式会社の代表的設計業務となっています。
40年の間には様々なご苦労があったことかと思いますが、
そのおかげをもちまして、現在も社業を続けることができ、
現社員が生活を営んでおります。

我々社員は、井上さんに感謝しつつ、井上さんが作り、守り、育ててきた、
環境設計という会社を引き継いで、ますます発展させていくことをもって、
井上さんに報いたいと思います。

今回は本ブログにまったく似つかわしくない、しんみりした内容となりましたが、
これを一つの区切りとして、次回からは、
社業紹介なんだか個人の日記なんだかわからんような、
できればおもしろいと思ってもらえるようなことを書き込もうと思います。

社員代表
posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 22:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする