2018年05月07日

クマタカカメラ その後 三重版


つづいて、三重県に設置したクマタカカメラのその後。

こちらは昨年末に設置。
年末年始にかけてよくクマタカが飛来し、造巣活動。



雌雄が初めて飛来したときの映像です。



その後も順調に巣材運び、巣材整理に飛来していたのですが、
1月上旬に飛来がストップしてしまいました。
何が気に入らなかったのか。
昨年、この巣では育雛までやっていたようなのですが、
どうも途中で繁殖に失敗してしまったようです。
そういうことがあったので、この巣をいやがったんでしょうか。

その後はこのカメラも他のものを記録するだけのカメラに移行。

IMAG2816.jpg

こちらシジュウカラ。
こちらは日中しか撮影していないので、鳥が中心ですが、
やっぱりカラ類はよくやってきます。

そんなわけでクマタカが飛来しなくなった状況から、別の巣を設けて繁殖しているのでは、
と考えて観察に向かったところ。

DSC04292.JPG

雄の飛来があり、向かった先に巣を発見。

DSC04303.JPG

DSC04305.JPG

だいぶわかりにくいのですが、上下の画像を見比べてください。
中央やや左のスギの葉っぱに穴が空いているように見えるところに注目していただければ、
上は何も映っていないのですが、下ではクマタカの頭がのぞいています。
この位置に巣があって、抱卵しているようです。

かなり遠方からの観察なので、わかりずらくてすいません。

結局のところ、カメラを設置していた巣から100mぐらい上方の斜面に新しい巣を作ってました。
カメラの結果としては残念ですが、繁殖していたのでまあ良し、としよう。

そんなわけで、今年クマタカの繁殖状況観察用に設置した画像送信型カメラはいずれも空振り。
まあ、クマタカの繁殖成功率は3割程度といわれているし、営巣地を移動することもよくあること。
仕方がない。
特に三重県に設置したカメラはアングルがよかったので、残念だなあ。

ここで設置していたカメラは無駄になったので、早々に回収してしまいました。
また別のところでまたの機会に取り組みます。





posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 22:12| 生物調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クマタカカメラ その後 和歌山カメラ


ゴールデンウィークが終わってしまいました。
といっても、社会人になって以来、この時期は調査業務のとっかかりであったり、
鳥の繁殖期にあたるので、あんまりまとめて休めた記憶がない。
ところが、今年は端境の平日まで休むほどではないですが、
わりと暇で、連休はしっかり休ませてもらいました。

その間、ライフワークになっているクマタカの繁殖状況の観察に行ってました。
なんのことはない。休みといっても仕事でやっていることと大して変わりません。

ところで、正月早々に今年はクマタカの2つの巣に遠隔監視カメラを設置、
繁殖状況などを本ブログで紹介するとしておりましたが、その後、
まったくそれにはふれておりませんでした。
なぜかというと、結果が芳しくないから。

ですが、ひょっとすると興味を持たれている方もいらっしゃるかもしれないので、
結果を報告しておきます。

まずは和歌山県で設置しているカメラから。
カメラ自体は一昨年の年末に設置してからずっとそのまま。
昨年の繁殖初期には造巣活動に飛来してましたが、
そのうち飛来しなくなり、繁殖もしなかったようです。
夏頃に1回だけだったか飛来がありましたが、
今繁殖期はまったく飛来なし。
残念な結果となりました。
ただし、映像としてはいろんな動物が記録されています。

PICT0354.jpg

こちらムササビ。夜間はよくやってきます。

PICT0427.jpg

こちらはモモンガかな。
さっきのヤツよりだいぶ小さい。
上からの画像だとどうもよくわからない。

PICT0375.jpg

こちらヤマガラ。カラ類はよく来ます。特に繁殖期になってから。

PICT0429.jpg

こちらカケス。

PICT0407.jpg

こちらイカル。

PICT0386.jpg

こちらアオバト。

こういった感じでクマタカがぜんぜん飛来しないので、別の巣で繁殖しているのではないか、
と思って4月早々に観察に行ったところ。

DSC04239.JPG

こちらクマタカの雌。誇示飛翔をしています。

DSC04227.JPG

おなかの羽毛が乱れてない。
4月上旬はクマタカにとって抱卵期にあたりますが、抱卵している場合には、
たいがいおなかの羽毛が乱れます。
そういうのが見られないので、抱卵していないのではないか、と推測。

DSC04271.JPG

その後、雄も出現して雌雄でつっかかり。
これは求愛行動のようです。
繁殖していない雌雄は、こういった繁殖初期にみられるような求愛行動をよくやります。

どうやらこのつがいは今年、繁殖しなかったようです。
そうなると別の巣があるかどうかもわからないし、
またカメラを設置してある巣を使うかもしれないので、
カメラはしばらく放置するつもり。
これからも対象としていないいろんな動物が記録されることでしょう。






posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 21:52| 生物調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする