2018年05月11日

フクロウ


いい季節になったので、昨日、調査室メンバーで研修に行ってきました。
行き先は兵庫県加古川市。
ここにはかつて環境設計で生物調査をやり、
その結果を活かして里山公園の整備計画を立案・設計した、という現場があります。
その業務は平成19年度に実施し、20年度に施工されています。
今回、施工後10年たった状況を見に行こう、という企画でした。
まあ、研修というより遠足に近い。

P5100009.JPG

こちら遠足風景。

P5100002.JPG

天気も良く、公園にある山の頂上からの視界は上々でした。
頂上が岩山になっていて、景色がいいのがこの公園の一つの売りです。

ただ、施工後10年もたつといろいろ状況も変わっていて、

P5100012.JPG

アカマツ林だったところはすっかりコナラ林に遷移していました。

P5100011.JPG

コナラ林だったところもかなり竹が侵入してきています。

P5100001.JPG

また、落葉広葉樹林内も低木や笹が繁茂するようになっています。
このあたりは、計画立案当時から懸念していたところで、
地元住民の方々には整備後の管理の方法や頻度を詳しくご説明したところではあったのですが、
なかなかもくろみどおりにはいきませんよね。
里山環境の維持には管理が欠かせない、ということがよくわかります。

その広葉樹林の整備直後の写真は下のとおり。

DSCF0442.JPG

きれいに間伐・除伐されています。
林内空間を明るくしてコバノミツバツツジなどをいっぱい咲かせよう、という計画でした。

PA170091.JPG

施工後3年でこんな感じ。そっからさらに7年たつとだいぶ変わりましたね。
おそらく今の方がコバノミツバツツジなどツツジ類は多いようですが、
あまり花が付いた様子がみられなかったです。

もっとも、施工後3年の段階で歩道脇の草刈りなどがあまりきちんとされていない様子だったので、
もっと荒れ放題になっているかと思ったら、
歩道の維持管理のための作業は定期的に行われているようでした。

こちら竹林内の歩道の整備直後の様子。

DSCF0483.JPG

歩道脇をあまり伐採しない方が光が入り込まないのでいい、と提案していたのですが、
どうも開きすぎてしまったようです。

PA170078.JPG

こちらが施工3年後。道路脇に草や低木が繁茂するようになっています。
竹も少し歩道側に広がってきています。

P5100006.JPG

こちらが今回。
歩道脇はなかなかきれいに草刈りされています。
それでも歩道の上空が竹に覆われるようになって、少し暗い感じもします。

いずれにせよ、ある程度管理されているようで、安心しました。
里山管理の団体の方々が協力されているのかもしれません。

ところどころタケノコを倒してありました。

P5100010.JPG

もったいないような気もしますが、こうしないと竹が密になりすぎるので、
食べる分以上に生えているタケノコは小さいうちに倒しておいた方がいいんです。

ところで、林内を歩いていると、フクロウの雛を発見しました。

DSCN4298.JPG

2羽同じ木にとまっていましたが、もう1羽の鳴き声がすぐ近くの木の根もとからしていたので、
そのあたりに巣があるんだと思います。
あまり驚かしてもよくないので、雛の写真だけ撮って立ち去りました。

DSCN4278.JPG

DSCN4302.JPG

なかなかかわいらしい。

せっかくなので、カメラを動画設定にして30分ばかり置いておくと、
真っ昼間なのに餌運びが入ってました。



珍しい。
餌の種類はよくわかりません。フクロウの餌の大半はネズミ類のようですが、
どう見てもネズミには見えない。トカゲか芋虫かな、という感じ。

なかなかラッキーでした。
周辺地域の農地とともに里山環境がフクロウのすみかになっているんでしょう。
今後、この公園のシンボルになるんでしょうか。
カメラマンが集まるようになってもあまりよくありませんが、
いい形で環境学習などに使える素材になればいいのですが。


さて、明日は当社の50周年記念祝賀会を開催します。
いろいろ大変です。



posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 18:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする