2018年11月30日

九州ライフ


11月も終わりですね。
晩秋というか、はや初冬という時期となりました。
この時期になると、大型猛禽類は繁殖シーズンを迎えます。
最近観察した大型猛禽類といえばこちら。

DSC05606.JPG

ぎりぎり紅葉バックに飛ぶイヌワシです。

DSC05618.JPG

こちらはイヌワシペアのつっかかりディスプレイ。
爪をからめて空中でぐるんぐるんと回ってます。

これらはプライベートでの観察で、仕事の猛禽類調査はまだ本格化してません。
というか、最近は猛禽類調査の仕事よりも他の項目の調査をやることが多くなってます。
まあ、若い頃は植物の調査とか水生生物の調査をやることが多かったし、
それもまあよし、という感じ。
現場もこれまでは、中部とか北陸に行くことが多かったのが、
今年は極端に九州に行くことが多くなってます。
10月下旬から11月中旬にかけての1ヶ月間は、ほぼ九州にいました。
もはや九州人という感じです。
いつの間にやら会社も九州営業所を立ち上げているのでその効果かな。
うんにゃ。たまたまでしょう。

このごろ、あまり日記調の記事を書いていなかったので、
最近の仕事ぶりを紹介してみようかと思います。

まずは熊本編。

DJI_0004.MOV_000085418.jpg

阿蘇山麓に行ってます。

DJI_0001大塩2.MOV_000445778.jpg

草原の調査です。
北海道の牧場みたいでしょう。
業務上、それほど必要ではないのですが、ドローンで遊んでます。
阿蘇に行くのは昨年に続いてですが、調査しに行くのは今年が初めてで、
景色を楽しんでます。特に晩秋になってからがいいです。

続いて大分編。

DJI_0005.MOV_000426313.jpg

こちらは水生生物の調査で行ってるのですが、なぜかドローンを飛ばしています。
紅葉しているので、どこも景色がいい。
それにしても九州は植林が多いな。

DJI_0005.MOV_000056955.jpg

やっぱり、水生生物の調査であっても調査地点の環境は上空からの映像がわかりやすい。
瀬淵とか水際植生とか、石のサイズとか丸わかり。

続いて福岡編。

PB150196.JPG

PB160222.JPG

こちらは巨大な工事が進行しつつあり、そのモニタリング。
動植物全般の調査をやってます。

流入河川@.MOV_000470636.jpg

やっぱりドローンを飛ばして紅葉を楽しんで、
いやいやもとい、植生など環境の把握に努めてます。


まあ、こういった案配で、九州各県飛ばし回っている、
もとい、飛び回っているわけですが、1ヶ月ぐらいは九州の現場ばかりだったので、
週末も九州におりました。
せっかく九州の現場が連続したので、どうせなら土日も含めて
調査にあてたかったのですが、昨今、ワークライフバランスとかで、
土日は休むように言われることも多いですし、
発注者がお休みで事故など急なことに対応できないため、
土日の調査を禁止されることが多くなってます。
といって、いちいち大阪に戻るのは面倒でもあるし、
交通費ももったいないので、土日は九州で遊んでました。
決してねらったわけではないのですが
(こう書くといよいよ怪しくなりますが本当にたまたま)、
この時期九州でイベントが多かったようで。

DSCN4787.JPG

まずは、ソフトバンク対広島の日本シリーズ。
福岡ドームでの第5戦を見に行ってきました。
今年はソフトバンクが日本シリーズに進出するなんて予想できませんでしたし、
ほんとたまたま偶然に行ける日に福岡で試合がありました。
運良くいい席が取れました。

DSCN4798.JPG

ドームの様子。
ホークスファンが6割。広島ファンが4割というところ。
広島での試合なら9割が広島ファンのようなので、広島ファンはすごいね。
私は1塁側でホークスサイドでしたが、それでもちらほら広島ファンが周囲におりました。
私はパリーグは弱小南海時代からの長年のホークスファンですが、
近年はセリーグだとカープ女子にひかれて広島ファンになってます。
今年に関しては、どちらが勝ってもよかったのですが、
この時点ではソフトバンクの2勝1敗1引き分けでソフトバンク優勢、
という感じだったので、どちらかというとこの日は広島の応援。
逆転に次ぐ逆転。追いつ追われつの途中まで本当にいい試合。

DSCN4810.JPG

広島の丸選手が一時逆転となるツーランホームランを打って帰ってきたところ。
この時点では広島のヒーロー。
本日、巨人にさようなら。

DSCN4843.JPG

こちらは、この試合、サヨナラホームランを打つことになる柳田選手。
この時点では凡退して帰ってくるところ。

サヨナラホームランの写真はありません。
なぜなら最後まで観戦できなかったから。
追いつ追われつのいい試合だったので、試合時間が長引いて。
さらに延長戦にもつれ込んで。
翌日熊本の現場でこの日のうちに熊本まで戻らなければならなかったので、
9回の同点の時点で球場からさようなら。
まあ展開は楽しめたんだけど、同点で帰るのは欲求不満がたまります。

しかし、数年前にも福岡ドームには現場の帰りに日本シリーズを見に行ってます。
そのときもホークスの選手がサヨナラホームランを打った試合でした。
なんだか縁があるなあ。
繰り返しますが、日本シリーズに出張を合わせているわけではありません。
いよいよ怪しいですかね。

続いては、大相撲九州場所。
両国とか大阪は何度か見に行っているのですが、九州場所を見に行くのは初めてです。

PB110204.JPG

DSCN4949.JPG

あんまりいい席ではなかったのですが、会場が狭いので、両国とか大阪に比べると
土俵が近くに見えます。
その上、仕事で持って行っている双眼鏡やカメラを使えばこんな感じ。

DSCN4886.JPG

力士の表情までばっちりです。
こちら向きは地元福岡県柳川市出身、琴奨菊。
この日は九州出身力士が強かった。会場大盛り上がり。

DSCN4929.JPG

こちらは解説の北の富士さん。
会場に行くとテレビでは見られないようなシーンが見られます。
初日だったし、この日はまったくの休みで早くから見に行ったので、
今まで見たことがないような行事とかいろんなものを見ることができました。

DSCN4952.JPG

こちらは私一押しの豪栄道。
大阪出身の大関です。
この日は勝ったけど、結局ぎりぎり勝ち越しの途中休場。
しっかりしてくれよ、という感じ。

DSCN4959.JPG

こちらはみなさん期待の日本人横綱にして、
九州場所唯一の出場横綱である稀勢の里。
態度はふてぶてしくて強そうなんですけどね。



結果はこのとおり。
いい相撲だったんですけどね。

DSCN4967.JPG

こちら貴景勝に敗退。

結局、稀勢の里はこの日から4連敗で途中休場。引退の瀬戸際。
貴景勝はこの日から快進撃で結局のところ優勝。
大相撲の未来を背負って立つような雰囲気。
なんだかこの場所の象徴的なところを見ることができました。

といったわけで、後半は仕事の話ではなく、遊びの話になってしまいました。
まあ、いろいろひっくるめて九州ライフをエンジョイしてきました、というお話。




posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 23:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする