2019年01月01日

謹賀新年


あけましておめでとうございます。

旧年中はお世話になりました。
特に、環境設計株式会社が50周年を迎えたということで、
祝賀イベントにご参加いただいた方、暖かいお言葉をちょうだいした方、
本当にありがとうございました。
昨年に50周年ということは既に51年目を迎えていたということですが、
何となく昨年が50周年という節目の年で、
今年から新たなスタート、という気持ちもしております。

さて、今年の会社の年賀状は以下の体裁となりました。

年賀状2018revrev(outline).jpg

O君のデザインです。
左右のQRコードは会社のHPや50周年記念に作成した会社の歴史動画につながります。
写真は私から提供しました。
最初は調査室にはふんだんにある、センサーカメラによるイノシシの写真を
メインにしようとしていたようです。

ニホンシノシシ.jpg

09143364revrev.jpg

まあ、それはそれで迫力があったり、
うり坊であればかわいかったりするのですが、
何というかありきたりだし、
あまりメッセージ性がないように思えたので、
即却下。
冒頭の写真・デザインに変えてもらいました。
O君はデザインの観点からきれいに見える方、優れている方に流れようとするのを、
私がメッセージ性の強いものを求めた、ということでした。

すなわち、イノシシの群れを環境設計株式会社にたとえ、
困難な雪の中でも斜面の上の方にみんなでがんばって登っていこう、
あるいは登っていきます、といった意味を込めました。

なんだか昨今のワークライフバランスとか働き方改革、
といった流れに逆行している、スポ魂的な雰囲気を醸し出している、
かもしれませんが、やっぱり技術の会社であれば上を目指さないとね、
努力は必要だ、と思います。

さて、込めた気持ちはそんなところですが、
映像の元は以下の動画です。



冬の多雪地帯での猛禽類調査で撮影した映像です。
距離は1.5kmぐらい離れた谷を挟んだ道路上から撮影しています。
イノシシは女系家族で群れを作るらしく、
先頭がお母さん、続いて娘が何頭か続き、
小さいのはその年とか前の年に生まれた子供のようです。

動画を見ていただければわかりますが、先頭が交代しません。
普通、複数人で雪の中をラッセルするのであれば、先頭は後続に比べて何倍も苦しく、
しんどくなれば先頭を変わることで、スピードを維持します。
このイノシシの群れは先頭が止まると群れ全体が止まってしまいますね。
交代することをしません。
変わるとしんどいのでいやがるのでしょうか。
それとも先頭はボス、というような決まりがあるのでしょうか。
どうも効率が悪そうです。
先ほど、この群れに環境設計をなぞらえましたが、
環境設計はボスがとまっても後続がボスを踏み越えて進んでいってほしいですね。

あと、イノシシは足が短く、体重が重いので、雪の中での行動を得意としません。
動画の中でも苦しんでいる様子が見て取れるかと思います。
なので、多雪地帯にはイノシシはこれまで分布していませんでした。
それが、だんだん雪が少なくなってきているということもあるのでしょうが、
それよりも、個体数増加により、今までいなかった多雪地帯まで分布を広げているようです。
しかし、この映像の場所は日本でも有数の豪雪地帯なので、
イノシシも苦労しているようです。

イノシシの群れもフロンティアを目指して奮闘しているのでしょう。
私も、環境設計株式会社も、彼らと同じように今年もがんばっていこうと思います。

本年もよろしくお願いします。


posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 18:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする