2019年01月23日

クマタカカメラ 2019.1/23 疑心暗鬼


大寒を過ぎまして、今が一年を通じて最も寒い時期だそうです。
今年は暖冬だそうで、比較的暖かいような気もしますが、
北日本は平年並みかそれ以上の積雪があるようですし、
暖冬は西日本だけかもしれません。
いずれにせよ、みなさまお体にはお気をつけください。
我々も繁忙期に入りましたので、インフルエンザだけには注意しなければなりません。
当社ではアルバイトさんも含めて全員が予防接種を受けるようにしているのですが、
昨年は4〜5人かかってしまった。それもけっこう重い。
あの医者は絶対、栄養剤だけ打っていたに違いない。

さて、クマタカカメラの現状ですが、
人工巣を設置したつがいの状況を中心に報告していこうと思います。
そのつがいについては、12月24日の初飛来以降、今日までの30日間のうち、
17日に飛来がありまして、6日連続などもあって、飛来のなかった日が連続するのは、
これまで最大でも2日間でした。
それが、1月19日に巣材運びのため飛来した後、
20日から本日23日までの4日間、飛来してきておりません。

こうなると、別のところに移動してしまったのか、
あるいは繁殖活動自体を中断したのか、
と、不安になります。

19日に飛来したときの映像は以下のとおり。

IMAG0223.jpg

もう巣としてはできあがってしまったような。
もういつでも卵が産めるような感じです。
ここまでしておいてやめるのか。
いかにももったいない。

まあ、希望的観測を含めて単なる小休止かな、と思います。
産卵時期は早くても2月下旬でしょうし、ちょっとここまでがんばりすぎたし、
やることやってしまったので、いったん落ち着こう、というような。

巣材運びは気象条件にも左右されるようで、雪がいっぱい降ると、
巣に来なくなるようです。年末の大雪の時には2日間来ませんでした。
このほか、雨の日だとかまったく風のない日だとかもあまり来ないようです。
そんなことから、似た気象条件の場所では似たような飛来状況となるようで、
ここのつがいとは別のクマタカの巣でも、12月からよく飛来してきていたのですが、
同じくこの4日間飛来がありません。

まあ、心配することもないのかな、と思ってます。
といって、両方ともダメだったりして、などと不安になったりもします。

だいたい、こういうカメラを設置したりなんかすると、期待と不安が交錯するんですよね。
しばらく仕方がない。





posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 19:48| 生物調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする