2019年12月26日

コンペ


早いものでもう暮れですね。
環境設計も仕事は今日で終了、明日は大掃除と忘年会です。

さて、ブログを2ヶ月近くサボってました。
忙しかったわけではなく、逆にいつもより暇だったような。
かえって忙しい方が仕事から逃げたくなって、
ブログを書き込んだりするんですよね。

そんなわけで久しぶりに更新しよう。
といっても私の話ではありません。

最近、「2025 大阪・関西万博ランドスケープデザインコンペ」
というのがありました。
万博会場のデザインを造園業界から提案しよう、という試みで、
主催が(一社)ランドスケープコンサル タンツ協会(CLA)。
万博協会からの募集ではないので、ここで選ばれたからといって、
万博の設計をする、というわけではなく、
造園業界から提案してみよう、
万博協会さん、よろしければ反映してください、
といった自主的な提案です。
その提案するプランを業界内で募集する、というコンペです。

環境設計でも、造園設計に携わる会社として、
しかも地元の会社が参加しなくてどないすんねん、
というような 話があったりなかったりで、
参加することとしました。

ただ、応募資格に「年齢制限は設けないが、
特に造園界の若手の参加を希 望する」との記載があり、
あんまりベテラン勢が参加するのもどうか、と思われたので、
環境設計としては、若手ばかりで参加することにしました。

といって、他社はベテランばっかり参加してくるんでしょうね。
だいたい、造園業界は概ねおっさんばかりですから。
若手が何人もいる会社ってうちぐらいですから。

通常、仕事となればやっぱりデザインコンペであろうが、
プロポーザルであろうが、とらなければ仕事がなくなってしまうし、
業務の責任者(管理技術者)を資格保有者が務めなければならないので、
なかなか若手ばかりに任せることはできないし、
少なからずベテランが口を出してしまう。

まあ、これは仕事ではないし、時間をかけてもいいので、
勉強の材料、若手の勉強、力試しの機会となっていれば幸い。

なんだか2ヶ月ぐらい、毎週集まって会議してました。

コンペ作業.jpg

活気があっていいですね。
しかし、若手同士だとなかなか意見がまとまらないらしい。
そこで、私などが入ってやろうとすると、
「お呼びでない」と拒否される。
まあ仕方がない。

それでもなんとか期日までにはできたらしい。
みなさんがんばりました。
できたものを披露したいところながら、結果発表前なのでまだできません。
表彰されることになったら披露させていただこうかな。

発表を楽しみにしておこう。
たぶんこんなことを書くと嫌がられるんだろうけど。



posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 21:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする