2017年09月13日

調査室のおしごと


やっと涼しくなってきましたね。
今年の夏も暑かった。
といっても、関東から東や北は今年あまり晴れていないようで。
我々生物調査に携わるものにとっては天気によって仕事が大きく左右されるので、
いつも気にしています。
まあ、私の場合、メインのフィールドは中部以西なので、今年の夏は暑くはありましたが、
仕事の能率という点からすると運が良かった。

さて、本ブログをごらんの方は、環境設計という会社は猛禽類調査ばかりやっている会社か、
と思われている方もいらっしゃるかもしれません。
私が猛禽類を専門としていることや、個人的に猛禽類にはまっているので、
ブログのネタが猛禽類に偏ってしまってます。
会社としては、社名が示すとおり都市空間の設計から始まっておりまして、
今も造園設計は業務分野の中の柱の一つです。近年は自然的空間の設計にも幅を広げ、
都市、地方関わらず地域の緑化計画であったり、公園管理といった業務にも携わっています。
なんだか最近はスタッフの志向なのか、自然空間での仕事が多くなってきたような。

また、環境調査も柱の一つですが、猛禽類調査ばかりやっているわけではありません。
というより、まったく猛禽類調査に関わらない調査スタッフもおります。
ここ数年は植物調査や街路樹・公園樹木の健全度調査といったものが増えてきています。
そもそも、猛禽類調査は最近、繁忙期と非繁忙期の偏りがひどくて、
繁忙期には現場が集中し、非繁忙期にはほとんど仕事がなくなります。
我々はまだとりまとめなどがありますが、
現場専業という個人調査員の方は非常にひまになってしまうそうです。
猛禽類調査のこういった季節的ひずみはなんとからなんのか、と思ってしまいますが、
まあ、鳥の繁殖期に合わせた調査なので、いかんともしがたいところです。

とはいいつつ、私などは猛禽類繁忙期が終わると、少しゆっくり仕事が進められる
ようになりますし、そういう時期になるのを待っているところがあります。
本来、今がそういう時期にあたります。
ところが、なんだかうまい具合に夏から秋にかけて現場のピークとなる生物調査もありまして、
近頃はそういう猛禽類以外の現場にも声がかかるというか、かり出されてしまいます。

越谷スウィーピング法.JPG

これは昆虫類調査のスウィーピング

クマ頭骨等.JPG

哺乳類のフィールドサインセンサスで発見したツキノワグマの頭骨

P4240020.JPG

魚類調査のタモ網による採集

170727投網による採捕風景.JPG

魚類調査での投網による採集

毎木調査風景.JPG

植物調査の毎木調査

170725水温測定.JPG

河川環境計測

ざっと、昨年から今年にかけて猛禽類非繁忙期にやった調査です。
いろんな調査にかり出されているなあ。
そんなにいろんな調査が一人でできるの?
と思われるかもしれませんが、見よう見まねでそれなりに。
他のスタッフや調査員の方と同じようなことができないとおもしろくなく、
どういった調査でも現場に行くと張り切ってしまいます。

その結果、いろんな調査に声がかかってしまう。
いろんな調査、いろんな現場に行くことができる方が、おもしろくはあるのですが、
そろそろもうちょっと、セーブした方がいいのかもしれない。
忙しそうなふりでもしてみようかな。

ちょっとブログの更新が滞ってましたが、
次回は他の方がそんなに間を置かずに書いてくれるはず。



posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 13:56| 生物調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする