2018年03月24日

繁忙期もうすぐ終了


もうすぐ春ですね。
世間的には既に春、でしょうか。
とはいえ、我々建設コンサルタントにとっては年度末は繁忙期。
3月下旬は忙しさもピーク、といったところです。
もっとも、工期末の早い物件を担当している人は「イチ抜けたー」
といってそろそろ姿を現さなくなる時期でもあります。
私もここ数年は越年度業務といって、工期が年度をまたぎ、
年度末に工期を迎える仕事が少なく、
必ずしも年度末が忙しくない年が続いていました。
そういう年は、他の人から仕事をあわよくば仕事を押しつけてやろうと
目をつけられるので、「忙しいふり」をしてました。
ところが、今年は何の因果か久しぶりに3月が繁忙期らしい年になってしまって、
嘘いつわりなく結構忙しかった。
それこそ季節を感じる暇もないぐらい。

というか、あちこち飛び歩くので、季節感がむちゃくちゃになるんですよね。
3月初旬は三重県の現場にて、

カンザクラ、かな。ピントがぼけててお恥ずかしい。
桜が開花しています。さすがに3月頭に桜が開花とは早すぎる、
と思われるかもしれませんが、2,3月に咲く桜もあるらしい。
川の中を歩いていたら水際に咲いてました。

P3030025.JPG

そうかと思えば先々週は雪の中の調査。
富山の山の中でした。

P3160011.JPG

それで、昨日は、というと。

IMG_20180323_145154.jpg

桜が満開。熊本城です。きれいですね。既に春爛漫、という感じです。
ただ、熊本城、というと・・・・、

IMG_20180323_144336.jpg

IMG_20180323_145849.jpg

IMG_20180323_151007.jpg

IMG_20180323_145909.jpg

地震の被害が生々しくて、ちょっと悲しくなってしまいました。

IMG_20180323_150333.jpg

本丸の様子がこんな感じで、

20130201152117.jpg

ちょうど5年前も熊本城には行ったのですが、
遠近は違いますが、同じ方角から撮った本丸の写真がこんな感じ。

そもそも、とある業務の検査で熊本に行っていたのですが、
その検査がなかなか厳しい結果で、
「国破れて山河あり」という気分だったところに、
熊本城を見に行って、
「城春にして草木深し、時に感じて花にも涙をそそぎ」
という漢詩「春望」のような感じになりました。
まあ、なんというか、わけわからんことを適当に書いてますが、
せっかく桜が咲いていたのですが、
それと城の無惨さがかえってコントラストとなって、
悲しい気分の相乗効果、という感じです。

とはいえ、復興工事が始められています。

IMG_20180323_151704.jpg

今の感じからすると、かなりの年月がかかってしまいそうですが、
一日も早い復興をお祈りしております。

しかしまあ、私がこんな感じでしみじみしておりますと、
一緒に行っていた設計・計画がご専門の方は、崩れた天守の方を見て、
「あの柱はRCですね」とおっしゃる。
設計とかやっていると、崩れた城を見ても無駄に感傷的にならないんだなあ、
と妙に感心しました。
一方で、私の方も「あのスダジイにカラスの巣がある」とか、
まったく意味のないところに目をつけておりました。

まあ、こんな感じであちこち飛び歩いています。
そんなこんなしている間に繁忙期ももうすぐ終わり。
3月が忙しかった分、4月からは例年以上に暇になりそう。
今から楽しみにしています。
この冬は1回も行っていないスキーに行こうか。
それとも鳥三昧の毎日を送ろうか。
いやいや新しい仕事をとるためにがんばらないと、年中暇になってしまう。




posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 21:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする