2018年12月25日

祝! 大阪万博2025 開催決定


メリークリスマス!

本日は、クリスマスということですが、プレゼントが空から降ってこないものか。
と思うのですが、そういえば、大阪府民・市民には先月のことながら、大阪万博開催決定、
というでっかいプレゼントがありました。
55年ぶり開催、だそうで。
大阪以外では盛り上がってない、との話を聞きますが、大阪でも7年後のことなので、
盛り上がりはまだまだです。
とはいえ、大阪人にとっては久々の景気のいい話です。

今さら万博? などと意義や効果について否定的な言説もよく見かけますが、
景気なんて気分によるところも大きいので、大きなイベントで盛り上げることも
大事なんじゃないでしょうか。
今の世の中、ネットで何でも見られるのに、展示もので人が呼べるのか、
という話もありますが、そんなこと言ったら、サッカーワールドカップとかテレビで見られるのに、
外国まで多くの人が見に行きますよね。媒体を通してみるのと体験・体感は違う、
というのを多くの人が知っているからではないでしょうか。
逆にいうと、成功の鍵は興奮を呼ぶような体験・体感を与えることができるかどうか。

さて、環境設計株式会社はこの万博とどう関係していくのでしょうか。
今のところよくわかりません。
なんとなく、会場整備に関係して、何らかの仕事があるのではないか、
という漠然とした期待があるのみです。
というのは、まだ、会場の場所が決まっているだけで、
レイアウトも何にも決まっていないからです。
何をやるのかすらあやふや。
やることが決まったばかりですからね。
まだ7年あります。
とはいえ、世界中の人を呼ぼうというのですから、会場の夢洲だけでなく、
大阪の街をもっときれいにしないと。それには7年あっても十分ではないような気がします。

まあ、会場整備にせよ、大阪の都市環境整備にせよ、関西造園界が果たすべき役割は大きい、
と思いますし、関西造園界の老舗である環境設計株式会社は、
単に降ってくる仕事を待つだけではなく、「万博会場はこうあるべき」とか、
「大阪の街をこうしよう」とか意見を発信していくべきかと思います。
ともかく、環境設計が万博に何らかの貢献ができればいいですね。

振り返れば、環境設計株式会社は今年で50周年を迎えましたが、
前回の大阪万博の時は、まだ会社が生まれたばかりで、特に貢献できなかったようです。
神戸のポートピアや愛知万博にも何か関係したとは聞いておりません。
ただ、沖縄海洋博には多少関係したようですね。
跡地の記念公園の計画にも携わったようですし。
本格的に関わったのは、大阪国際花と緑の博覧会(1990年、大阪市鶴見区)。

1990_博覧会_大阪花博.jpg

中央ゲート地区の設計を担当したそうです。
詳しくは、会社HPの業務実績を見ていただければと思いますが、
基本構想の策定段階から関わり、中央ゲート地区の設計では、既存のメタセコイアの大木を活用し、
花の万博にふさわしい正面玄関づくりをしたとのことです。
ちなみに、私はまだこのとき学生でしたが、土木作業員のアルバイトをしていて、
ケニアとかタンザニアの庭園の整備に関わってました。
期限ぎりぎりでむちゃくちゃしんどかった。

続いて、国際園芸・造園博のジャパンフローラ2000(淡路花博、兵庫県淡路町)。
国際庭園展示において「新しい庭園文化の創造」をテーマに、
国際庭園展示会場のゲート部に「兵庫の庭」〜大地の景〜を創造したそうです。
兵庫県の自然景観を表現したとのことです。

2000_博覧会_淡路花博(兵庫県の庭).jpg

淡路花博でもう一つ。
世界中のキク科植物を植栽した百段苑について、花の配置をデザインしたそうです。

2000_博覧会_淡路花博(百段苑).jpg

このように、花とか緑とかに関係する博覧会では、それなりの貢献をしてきている、
と思うのですが、次の大阪万博では何ができるんでしょう。
環境設計株式会社も大阪花博だとか淡路花博当時よりはだいぶ業務内容が広がっており、
公園とか緑地に関する設計ばかりでなく、環境に関する地域計画だとか、
観光PRとか、公園緑地の管理に関する仕事にも携わるようになっています。
それだけいろんなことができるはずで、何ができるか
正月休みにでもゆっくり考えていきますかね。

反面、万博開催でかなわんなー、ということもあります。
環境設計株式会社の最寄り駅は、地下鉄中央線、もしくは堺筋線の「堺筋本町駅」ですが、
中央線は今でも大阪の代表的な観光地である大阪城と海遊館を結んでおり、
USJへの移動にも使われることが多くなっています。
このため、海外からの観光客がけっこう多くて、
昼間には列車内に外国人の方が多いんじゃないか、ということもあるぐらい。
この中央線が万博会場の夢洲まで延伸するらしい。
なので、万博開催期間はさらに多くの外国人が中央線を利用することになるでしょう。
半年に及ぶとのことで、その間、通勤にも影響しそう。
まあ、地下鉄を利用される外国の方は、マナーが比較的良くて、
そんなに迷惑した、というようなこともありませんが、
これが、倍とか3倍とかになるとどうなるんだろう、という気がします。
また、今でも大阪城公園とかは外国人であふれているそうです。
災害とかあるとどうなるんだろう、と思います。
外国の方も万博を見に来たら、それ以外のところにも観光に行くでしょうし、
今でも京阪神の観光スポットはオーバーフロー気味なので、
観光地整備は急務ということになるんでしょう。
万博開催までにいろいろ解決しなければならないことは多いようですね。

(代)


posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 14:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする