2019年05月03日

クマタカカメラ 2019.5/3 うっうまれない!


ゴールデンウィークまっさかり、いかがお過ごしでしょうか。
私はというと、仕事じゃないけど調査方法のプレゼンをする機会があり、
準備しなければならなかったり、
個人的なフィールドに行ってクマタカなどを観察しなければならなかったり、
普段全然できない親孝行をしたりと、なかなかに忙しい。
前半は天気が悪い日もありましたが、後半はけっこう天気がいいみたいですね。
まあ楽しみましょう。

さて、カメラを設置してあるクマタカの巣ですが、
これまで人工巣のものを中心にご紹介してきました。
今年、個人的に、あるいは会社での研究として設置したのは4カ所。
すべて対象はクマタカです。ぜんぶ一人でやっているわけではなく、
会社のT君であったり、私が参加している研究グループと一緒にやったりしています。

このうち1カ所が人工巣をかけてその巣にカメラを設置しています。
それ以外は自然巣ですが、現在まで営巣に利用しているのは1カ所。
つごう2カ所が営巣中というところです。
営巣していない、あるいは使わなかったという2カ所のうち、
1カ所は今年3年目で、過去2年はわずかに飛来はあるけど、
本格的な造巣をすることはありませんでした。
この繁殖期に入っても全然画像が送られてこないので、
飛来していないんだろう、今年も使われないんだろうと思って、
カメラがもったいないので12月中に外してしまいました。
しかし、カメラを回収してSDカードをみてみると、
SDカードには何度も飛来している様子が記録されてました。
何かカメラのトラブルで送信機能だけなくしてしまっていたようです。
なんじゃそりゃ、というところ。

PICT0628.JPG

12月15日に飛来したところ。

残念。
もっとも、ゴールデンウィークになって観察に行ってみると、
この巣は利用されていませんでした。

DSC08164.JPG

出現がなかったので、繁殖しているか、別の巣を利用しているかなどは不明ですが、
この巣は外から見えているので利用されていないことは分かります。
12月に見たときと巣材の状況にあまり変化がないので、
巣材が活発には搬入されなかった様子。
まあそれならしゃあない。

もう1カ所は12月にカメラ設置以来、3回しか飛来していません。

IMAG0508.jpg

別の巣で営巣していると思っていたのですが、4月13日に飛来しています。
これもゴールデンウィークに観察に行ったところ、
3年目の若鳥がまだ親鳥の行動圏内に残って、親鳥に餌をねだってました。
その若鳥が原因か分かりませんが、どうやら繁殖はしていないようです。
いずれにしてもカメラを設置してある巣は使われずじまい。

残る自然巣の1カ所は以前もご紹介したとおり、抱卵しています。

IMAG9380.jpg

というか、今日(5/3)に至るも抱卵を継続しています。
抱卵が続いちゃあ困るんですが・・・。

クマタカの抱卵日数は47日〜50日とされています。
育雛期間に比べるとつがいによってあまり差がなく、
51日以上でふ化した卵は私が調べた限りなさそうです。
よって、51日以上抱卵している巣では雛はふ化しない、と言えそうです。

IMAG9366.jpg

こちら3月9日産卵なので、5月3日現在はというと、55日目ということになります。
わずかな可能性にすがりたくなりますが、もうダメだ、
いくらなんでもダメでしょう。

クマタカの方も、おかしいと思うのか、

IMAG9376.jpg

卵をのぞきこむことが多くなったような気がします。
もうふ化しないのであれば、無駄なエネルギーは使わず、
早めにあきらめた方がいいような気がするのですが、
未だに抱卵しています。雌雄の交代まであります。

IMAG9386.jpg

本日最後の画像だと、
外を見て「まだ続けるか、あきらめようか」と迷っているように見えてきます。
まあ、私の妄想ですが。
いずれにしても、悲しい。

しかしまあ、なかなかうまくいかないもんです。
残りは1カ所。

その1カ所は今日で15日齢。

IMAG6436.jpg

本日の画像です。
今日は今日とてかわいらしい。

IMAG6518.jpg

活発に動いているらしく、羽ばたきのまねごとまでするようです。
この画像ではバランスを崩してつぶれていますが。

しかし、親鳥が写っていません。
今日はふ化後初めて巣から餌がなくなりました。

そのせいか、日が高い時間帯はほとんど親鳥が巣にいません。
雛がひとりぼっちで、ちょこちょこ動いています。
だいたい2週間ぐらいすると、親鳥が雛を暖める必要はなくなるようで、
特に今日は暖かいので、ずっと巣に親鳥がいなければならない、
ということはないのでしょうが、まだ雛はハトよりも小さく、
外敵に対しては何ら抵抗力を持ってないでしょうから、
危なっかしいなあ、と思えてきます。

もっとも、おそらく雌は巣のすぐ近くにいて、
何かあればすぐ駆けつけるんでしょうけど。
その証拠に、巣材運びを頻繁にやってます。

IMAG6444.jpg

まあ、1日ぐらい餌がとぎれても大したことはないのでしょうが、
こんな天気のいい日になんで? というところ。

うまくいっているところも心配は尽きません。
明日はでっかい餌が運び込まれるといいなあ。




posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 21:48| 生物調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする