2020年07月30日

表彰


連日コロナ関係のニュースでなんだかくらーい感じですが、
環境設計株式会社にとってはうれしいニュースがありました。

独立行政法人水資源機構から、2年間にわたって実施した、
「平成30-31 年度小石原川ダムモニタリング調査」が
「優良業務」、本業務で主任技術者を務めた私が「優良技術者」
として「理事長表彰」を受賞しました。

https://www.water.go.jp/honsya/honsya/kisya/pdf/2020/06/20200629_honsya_02.pdf

毎年この時期に、○○業務が表彰されましたー、
とHPのトップであったり、本ブログで自慢方々紹介していたのですが、
昨年はしれっと表彰については触れずじまい。
実は、表彰業務がありませんでした。
一昨年は4件もあったのに・・・。

なので、当社としては2年ぶり。
水資源機構から理事長表彰をいただくのは4年ぶりとなります。
理事長表彰は受賞ランクとしては最上位です。
今年は水資源機構による委託業務に対するの理事長表彰は、
全部で11件、11名が受賞となったようですが、
表彰他社をみると大きなところばかり。
当社のような中小企業が理事長表彰をいただくことなんて、
希なことではないでしょうか。
まったくもってうれしい限り。

7月6日に水資源機構の本社のあるさいたま市で表彰式があり、
表彰状をいただいてきました。
コロナ渦の中の表彰式で、各社出席者が一人に限られるなど、
簡略化されていたそうです。
確かに4年前に受賞したときに比べると、ずいぶん質素だったような。

3024小石原川Dモニタ(理事長表彰).jpg
いただいた優良業務の表彰状。

IMG_6284.JPG
記念写真。
写真を撮る直前までマスクをしてましたが、
その瞬間だけマスクを取るという。

業務内容を紹介させていただくと、
当時建設中、完成間近という段階のダムにおいて、
貯水池の出現や流量変化に伴う環境変化を把握するため、
環境調査を実施した、というものです。
今後、試験湛水やダムの運用が予定されていて、
環境の変化が予想される中、生物の様々な項目(魚類、
魚類遡上状況、底生動物、付着藻類、植物、鳥類、
両生類・爬虫類・哺乳類、昆虫類)、生物の生息・
生育環境(環境基図、河川物理環境)を対象とした
調査を行いました。

長期にわたるモニタリングをこれから開始しよう、
というところで、当社が実施する内容が長期的に
継続されることになります。あらかじめ調査の
基本計画的なものはあったのですが、
調査地点、時期など現地の状況に即して、
改めて詳細に検討し直しました。

生物及び生物環境に関する総合的な調査であり、
生物についての広い知識、実績、ノウハウが問われる
業務でした。私としてもこれまでの経験をフル活用
するような業務で、これまでいろんな業務をおそれずに
やってきたことが活かせた、ということでも
うれしいことでした。
ただし、なかなかこうした業務を当社単独で
こなすことは難しく、複数社にご協力いただきました。
もちろん今回の表彰はこうしたご協力の賜でもあります。

しかし、業務の最初の段階では、方々から、
「これは大きな会社向きの仕事だよ、
おたくはこんな大きな仕事できるの? 」
と疑いのまなざしを向けられていたようです。

結果としては、十分できる、ということを証明
できたんじゃないかと思います。
ドラマの台詞を借りれば、「倍返しだ!」 というところ。

しかし、なんだかんだ言っても、半沢なにがしは大手銀行の
エリートサラリーマンですもんね。それも組織内の争いだし。

ところが当社の場合は中小企業。
小さな会社が大手のやるような仕事に挑戦して、
大手以上の成果を残す。
「百倍返し」のような。
ある意味ドラマのような。

いけませんね。調子に乗りすぎました。
たぶん、今年表彰されたのは、昨年表彰がなかったことで、
謙虚な姿勢で仕事をやったおかげだと思います。
こんな偉そうなことを言っていたら、
また来年表彰なしになってしまう。
また明日からは謙虚になります。
この投稿もそのうち削除します。
ちょっと喜びすぎました。

ただ、これから就職しようという学生さんには、
一言いわせていただきたい。
「小よく大を制す」というようなことができる会社を
選ぶのもよろしかろう。




posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 20:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする