2021年06月17日

注射?


いやあ大阪府のコロナの陽性者数もやっと落ち着いてきました。
来週には緊急事態宣言も解除だとか。
ノンケアというわけにはいかないのでしょうが、感染拡大時の
いやあな雰囲気が解消されるだけでも助かります。
ワクチン接種も広がりつつあるとか。
しかし、職域接種だとかで、大企業だけが優先してワクチン接種できる、
というのはなんとかならないか。
中小には打ち手がいないから、という理由らしいですが、何を隠そう、
私、打てるんです。
注射器も持ってます。
それも、7回打てるという優れものの注射器。

201111下流河川イラストマー使用色(グリーン).JPG

別に危ないものの中毒というわけではありません。
これ、魚類調査に使います。
イラストマーという商品で、魚類の皮下に蛍光塗料を打ち込んで、
標識(マーカー)として個体識別に使います。
捕獲個体にマーキングして、再捕獲することによって、生息個体数を
推定したり、回遊状況を把握したり、魚道の遡上状況を把握するのに
有効な方法です。

数もいっぱい持ってます。

P6170001.JPG

これ、現在一般的にコロナワクチンの接種に利用されている注射器よりも
余りが生じないのでより多くの回数打てますし、針が長いので筋肉にも
十分届きます。
というか、魚類調査用の注射器というわけではなく、インシュリン注射用の
製品を流用しているようです。

それを以下の写真のように、魚の目の後ろだとか胸とかに打ち込みます。

201111下流河川イラストマー染色作業2.JPG

201111下流河川タカハヤ染色状況1.JPG

これ、魚に麻酔をかければ簡単ですが、麻酔をかけたり、
麻酔が効くまで待つのも面倒なので、たいてい素の状態で打ちます。
そうすると、おさかなのことなので、「動くな」といっても
聞いてくれるわけもなく、嫌がって飛び跳ねます。
皮下に打ち込む微妙・繊細な作業なので、なかなか難しい。
これを何十回、何百回繰り返したことか。

なので、人にワクチンを射つなどというのは、楽勝、
という気がしています。
特に今回のワクチン接種はテレビのニュース画像などを見る限り、
垂直にぶちゅーっと打っているだけなので、だれでも打てそうです。

私に打たせろ、と声を大にして言いたい。
というか、インシュリン注射は個人でも打てるそうですね。
それならワクチンも、と思います。

まあ、副反応が出た人に対処することはできませんが。
あるいは、私に打ってほしい、という人もいないと思いますが。
なので、自己責任で自分だけに打たせてもらえれば。

別にワクチンを打ちたいわけではないのですが、
なんなら、私以外の全ての人が接種して、コロナを抑え込んでくれれば、
私だけは打たなくて済む、ぐらいに思っているのですが、
打つ必要があるのであれば早いほうがいい。
やっぱり仕事がら、人と会うこともすべて避けることは困難だし、
田舎の方にも行くので、自分が感染源にはなりたくない。

といったわけで、私にもワクチンを打って良い、という許可が
得られましたら、早い者勝ちで希望者にはワクチンを打って
差し上げます。何かあっても責任は負いかねます。
なんせこんな簡単な注射を打つだけで1日十数万円もらえるらしいので、
打てるものなら私にも打たせろ、と言いたい。
魚に打っているよりはだいぶ儲かるだろう。




posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 21:23| 生物調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする