2018年07月03日

北京に行ってきた


毎日、暑い日が続きます。
梅雨はどこに行ったんでしょうか。

さて、先月のことになりますが、T社の研修旅行に招待いただきまして、
喜んで参加してきました。行き先は中国の北京です。
2泊3日の旅でした。
多角的な営業をされているT社さんとしては、北京市内や周辺の観光地に行き、
仕事のネタを探す、といった目的でしょうか。
あるいは急成長している国なので、先進的な部分があれば勉強する、
といったねらいもあったのかもしれません。
ただ、私としては、中国で自然環境調査ができるとは思えないので、
率直に言って観光気分。

と言いたいところなのですが、昨年から当社社員が北京に行って、
ちょこちょこ仕事をやってます。
今もH君が10日ほどの予定で北京に行ってます。
まだ何をやっているか詳細は控えますが、調査関係です。
外国に行って日本式の庭園の設計だとか施工管理だとかの仕事はあり得るかも、
と思ったりしていましたが、まさか調査関係の仕事があろうとは。
いずれひょっとすると私も仕事で中国に呼ばれるかもしれない。

といったことで、単なる北京観光ではなく、今後の仕事のため、
中国事情、北京事情を探りに行く、という目的も加わってしまいました。
なので、T社のみなさんと行く昼間の観光地巡りに加えて、
一人で朝晩に北京市内をできるかぎり散策してきました。

P6070020ラストエンペラー溥儀が降りてくる階段.JPG

まず行ったのは故宮。紫禁城とも言われてます。
中国の皇居ですね。
写真の奥は映画ラストエンペラーにも出てきます。
少年皇帝溥儀が降りてくる階段です。
整然と整備されていますが、一部工事中でした。
また、管理しているのはお役人だからか、ひどく横柄。
17時になると、何の説明もなく一部の施設から閉め出されたのですが、
その際、二人の警備員がロープの両端を持って、大勢の客を範囲外に
引き出すといったことをやられてしまいました。乱暴な、という感じ。
このあたりはまだ「おもてなし文化」が根付いていない。

あとは天安門広場に行ったけど、どこかの大統領が来ているので、
式典のために閉鎖中ということでした。

P6070054天安門広場封鎖中.JPG

ただし、次の日の夜に行っても閉鎖中で、おそらく別の事情かと。
天安門事件が起きた日が近かったので、デモを封じるために
閉鎖していたのではないかと。
それをデモ封じ、と言われないようにどこかの大統領の訪中を利用していたのかと。

でも、毛沢東の絵がかかっている門は別に封鎖されていませんでした。
最初にガイドさんと行ったときは封鎖と言っていたけど、
たぶん、ガイドさんの下調べ不足。

P6080182共産党万歳という感じなし.JPG

しかし、毛沢東の絵の前でもみなさん、はしゃいでいるし、
まったく「共産党万歳」という感じではない。
日本の皇居前の方がよほど整然としている。

でも、毛沢東の肖像はてっきり写真だと思っていたけど、絵、だったんですね。

P6080193写真じゃなかった.JPG

しかし、肖像の前に立っている警備兵が弱々しすぎて、大丈夫かいな、と思ってしまった。

次の日は万里の長城に行きました。
万里の長城でも北京に近くて行きやすい八達嶺というところ。
ゴンドラで登るので簡単。

P6080111.JPG

しかし、長城に登ってからが大変。

P6080109.JPG

P6080112.JPG

P6080118.JPG

P6080124.JPG

長城を見るというより、人の波を見ている感じ。
かなり急な傾斜を集団で登るし、けっこう強引にかき分けていく人も多いので、
将棋倒しになったらどうするんだろう、と、少々恐怖を感じました。

P6080125.JPG

とはいえ、どこまでも山の尾根に続く城壁はなかなか感動しました。
急な斜面にまでこんなもんよく作ったな、と。

P6080127.JPG

しかし、城壁をよく見ると、落書きだらけ。これを日本でやるなよ、と思ってしまった。

次に向かったのは明の十三陵ということころ。
明代の皇帝の陵墓ですね。

P6080142.JPG

P6080154地下28m宮殿.JPG

P6080150.JPG

地下28mに宮殿があって、棺が置かれています。
地下10階ぐらいの深さなので、今でも核シェルターに使えそうな。
何百年も前にえらい深さまで掘ったな、とここでも少々感動しました。

その日の夜に京劇を見に行きましたが・・・・。

P6070073.JPG

すいません。最初と最後しか見てません。
こうしたものにあまり興味がないのと、中国語でまったく意味がわからないので。

最終日は天壇公園というところに行きました。
ここは、明代から清代にかけて皇帝が豊作などを祈ったところだそうです。

P6090234.JPG

P6090239.JPG

今は市民の憩いの場となっているようで、囲碁やトランプ、写生大会をやったりしてました。
私の知る中国らしい風景ですね。

P6090231.JPG

P6090232.JPG


あとは朝晩に散歩中に見た風景だとか感じたことを徒然なるままに。

故宮は城なので、やぐらだとか堀がありますが、

P6080089.JPG

P6080093.JPG

堀では釣りをしている人がけっこういました。
日本の皇居では考えられん。政治体制が変わったからでしょうね。

故宮の北側の景山公園というところにも行ってみました。
ここからは北京市が広く見渡せます。故宮も眼下に一望できる。

P6090206.JPG

公園内は整備が行き届いていてなかなかきれい。
早朝で小雨がちだったせいか、人は少なかった。

P6090223.JPG

しかし、北京市内は再開発が進んでいて、かなりきれいになってます。緑も多い。

P6070008.JPG

夜の繁華街も日本同様、危険を感じることはない。
まあ、あぶなそうなところには行ってませんが。

P6080174.JPG

インフラ整備が急に進んだせいか、日本より進んだシステムになっているところも多い。

P6080200.JPG

地下鉄なんかその代表かと。

P6080080.JPG

公園なんかはどこもきれいに整備されてます。
驚くのは、ゴミ一つ落ちていないこと。
6,7年前に中国に行ったときと大違いです。
号令一下といった感じがします。感心するより恐ろしい。

P6080081.JPG

P6080096.JPG

ただ、管理の方式がよろしくないのか、行き届いていないのか、

P6080141.JPG

P6070038.JPG

街路樹なんかは明らかに、切りすぎやろ、とか、
切らなさすぎやろ、といったものが目に付きました。
枯れ枝もよく落ちてました。
でも、だれも役所に文句を言ったりしないんだろうな、と思ったりもしました。

あと、旧市街なんかはまだまだ雑然としています。

P6090249.JPG

また、観光地で露天商から桃を買ったのですが、
一つだけ買うつもりが、2つとスモモを押しつけられて、
財布から金を抜き取られた。
返せ、と言っても「おいしいよ」しか言わない。
このあたりは「古き良き中国」が残っている、というしかないかな。

長々と単なる観光日記を書いてしまいました。



posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 14:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

50周年記念祝賀会


もう1ヶ月以上前のこととなりますが、5月12日に環境設計株式会社の
50周年記念祝賀会を開催しました。
環境設計株式会社は、昭和43年(1968年)1月に創業しておりまして、
この1月に50周年を迎えました。
この間、非常に多くの方に多大なお世話になり、御礼申し上げます。
また、祝賀会にご参加いただいた皆様方、お忙しい中ありがとうございました。

さて、代表ご挨拶はHPにも掲載されておりますので、堅い話はここまでにして、
ここでは開催にあたっての顛末だとか裏事情とかを書こうと思います。

祝賀会的なものをやろうと言い出したのが2年前ぐらいだったかな。
最初は、ものすごい成長した会社、というわけでもなく、
それほど大きな会社でもないので、わざわざお客様に集まっていただくような、
ものものしい「祝賀会」というものを開催すべきかどうか悩みました。
まして、当社の場合、最もお世話になっているお客様の大半がお役所の方であり、
プライベートな会にご招待することがはばかられるので、意味があるのか、
といったこともありました。

とはいいながら、日本の企業の大半が起業から3年以内に消滅する中、
50年続いた、ということは、自ら言うのも何ですが、それだけで偉業ではなかろうか、
そういうふうにも思います。
また、50周年という節目を逃せば、今度はお世話になった方々にお礼をいう機会も
なかなかなかろう、というような思いもありました。
そうした中で何人かの方にこういう悩みを言ってみたところ、
やはり周年祝賀会を経験した会社の方からは、ぜひともやった方がいい、
というアドバイスをいただきました。

結果としては、「やってよかった」と思います。
やはり、お世話になった方々に直接お礼を言うことができたこともよかったですし、
現在は少し縁遠くなった方にも「環境設計健在」をアピールできてよかった。
また、ご参加いただいた方同士で、
こうした会をやってくれたおかげで久々に会うことができた、
と喜んでいただいた方がいらっしゃったようです。
さらに、昔からお世話になっている方々にも、環境設計株式会社の変わりつつある姿を
お見せすることができてよかったのではないか、と思います。

祝賀会の準備は1年以上前からスタートしています。
私はほとんど何もしていないのですが、中心となったメンバーは、
プラン検討から始めて、会場選定をだいぶ前からやっていたようです。
最初に考えたのは、オーソドックスな祝賀会はもちろんやるけども、
それとは別に、環境設計らしいこともやりたい、ということでした。
環境設計らしい、というのが難しく、いくつかの案が出たのですが、
わざわざお忙しい中、あるいは遠くから来ていただくのだから、
見学会のようなものをやりたい、ということでした。
そこで、創業当時、当社が計画・設計した兵庫県伊丹市にある昆陽池公園を
ご参加いただいた方みなさんに歩いていただこう、ということにしました。
計画・設計を担当した社員はすでに亡くなられていたり、引退されていたりで
当社にもう在籍しておりませんが、当時の図面や検討資料をもとにして、
現在の社員が説明役にあたりました。
説明役社員は古い資料であらかじめ勉強したり、事前に何度も現地に足を
運んでいたようです。
そのわりに、当日、先導役がコースを間違えてしまったのはご愛敬、
と思っていただければ幸いです。
昆陽池公園は日本列島を形取った島のある池を持つ、特徴的な公園で、
今でも当社の代表的な業務となっています。
そうした公園をお世話になった方々を歩くことができ、ゆっくり昔話をすることが
できました。当日は本当に天気が良くて幸いでした。
ご参加いただいた方の中には銀行の方だとか保険の方だとか、
当社の業務の実際をご存じない方にも業務の一端をご紹介できたかと思います。
ただ、当日は行楽日和だったことで、公園内では他にも様々なイベントが行われて、
かなりにぎやかで説明役の声が通りにくかったのが残念と言えば残念。
以下は現地見学会の様子。

P5122452.JPG

P5122463.JPG

こうした現地見学会が伊丹市だったことに引きずられて、
祝賀会も伊丹市内のホテルになりました。
会場は結婚式の披露宴会場のようなところ。
当日は60名以上の方にご参加いただき、社員とあわせて80名以上の
なかなかの規模の祝賀会となりました。
ホテルの予約は半年以上前にやっていたのですが、実際にどのぐらいの方に
来ていただけるかわからず、ちょっとやきもきしました。
最終的には参加希望をいただいた方であっても、
会場規模の都合からお断りしなければならない
こともあり、非常に失礼なことになってしまい申し訳ありませんでした。
ご招待する方には年明け早々にまずご一報。
詳細と出欠伺いの葉書をお送りしたのが2月ぐらいだったかな。
本格的な準備は繁忙期明けの4月から。
ここからはほぼ全社員が何らかの役割を担いました。
やっぱり社員数が少ないので、大きなイベントをやるとなると、全員の力を結集、
というようなことになります。このあたりも社員の結束を固める、
というような意味でよかったと思います。
ただ、本格的な準備にとりかかるのが少し遅かったのか、
引き出物に当初予定していたものを予約しようとしたら、
祝賀会にとうてい間に合わないとのこと。
急遽、間に合うものから選定しました。

P6220001.JPG

P6220002.JPG

スマホ&ペン立てです。気に入っていただければ幸いです。
社内では若い人が多いので、当初考えていたルーペよりは好評かな。

祝賀会のプログラムはこんなところ。

P1090502s.jpg

P1090511s.jpg

会場の様子。

P1090518s.jpg

代表からのご挨拶から始まりまして、来賓の方からご祝辞を賜り、
乾杯ご発声、といったところまで、まあ普通の祝賀会の流れかと。
ご祝辞も乾杯ご発声も心温まるお言葉をちょうだいし、
本当にありがたく思いました。
その後は、映像で環境設計の50周年を振り返る、と。

P1090529s.jpg

まあ、これもよくある内容ではありますが、映像はちょっと凝ってます。
会社HPの50周年ページでも紹介しておりますので、よろしければご覧ください。
オープニングは世界企業のような宇宙空間からの地球から始まっていますが、
その後もなぜか飛行機の離発着。
これは前に書いたように創業当時の代表的な業務として伊丹市の昆陽池公園があり、
伊丹といえば大阪空港があるので、大阪空港への飛行機の着陸と出発を、
50周年への到達とここからさらに飛躍をイメージさせるものとしたようです。
その後は、過去から現在の社屋と年代ごとに代表的な業務や現場となった場所、
生き物、作業風景などを紹介しています。
イメージ映像なのでパッパッと画像が切り替わりますが、内部のものとしては、
自分が携わったものには思い入れがあり、もう少しゆっくり見たいような気もします。
しかし、短時間でよくここまでいろんな情報を盛り込んで
作り込んでくれたものだと思います。

その後、もう一回来賓ご挨拶をはさんで、現在の環境設計の業務紹介をしました。
このあたりがコンサルらしい、というか、
余興も笑いもありません。
非常にきまじめなプレゼンです。
これは、環境設計は小なりといえど「コンサルタント」である、
コンサルタントらしいことをやろう、という姿勢でもありました。
環境設計の主要3分野に携わる調査室、計画室、設計室のそれぞれの代表者が、
それぞれの代表的業務の内容を紹介するというものでした。

P1090556s.jpg

こちら調査室。

P1090560s.jpg

こちら計画室。

P1090567s.jpg

こちら設計室。

まったく業務内容のプレゼン大会といったものでした。
ご参加いただいた方がどう思われたかわかりませんが、
「良くも悪くもコンサルだなあ」と思っていただければ、まあ幸いです。

P5122427.JPG

最後は社員全員が登壇してご挨拶。
ご来賓の方からは「100周年めざしてがんばれ」といったありがたいお言葉も
ちょうだいしましたが、なかなかそんな遠い将来のことまで考えられず、
まずは日々の仕事に精進することを誓って締めのご挨拶とさせていただきました。

これまでお世話になった方々、祝賀会にご参加いただいた方々、
本当にありがとうございます。

また、身内のことではありますが、会社が50年も続いたのは、
社員一人一人のがんばりがあってのことであり、ご家族の協力のおかげでもあります。
改めて社員やご家族の皆様方に感謝いたします。

加えて、小さな会社でこうした祝賀会を催すのは、ふりかえってもなかなか大変でした。
象徴的なのが下の写真です。

DSC06484.jpg

祝賀会場には社員用のテーブルもあったのですが、多くの社員がちゃんと席につくことは
ほとんどできず、食事にありつけませんでした。

また内々で祝賀会をやろう。

(代)



posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 23:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

フクロウ


いい季節になったので、昨日、調査室メンバーで研修に行ってきました。
行き先は兵庫県加古川市。
ここにはかつて環境設計で生物調査をやり、
その結果を活かして里山公園の整備計画を立案・設計した、という現場があります。
その業務は平成19年度に実施し、20年度に施工されています。
今回、施工後10年たった状況を見に行こう、という企画でした。
まあ、研修というより遠足に近い。

P5100009.JPG

こちら遠足風景。

P5100002.JPG

天気も良く、公園にある山の頂上からの視界は上々でした。
頂上が岩山になっていて、景色がいいのがこの公園の一つの売りです。

ただ、施工後10年もたつといろいろ状況も変わっていて、

P5100012.JPG

アカマツ林だったところはすっかりコナラ林に遷移していました。

P5100011.JPG

コナラ林だったところもかなり竹が侵入してきています。

P5100001.JPG

また、落葉広葉樹林内も低木や笹が繁茂するようになっています。
このあたりは、計画立案当時から懸念していたところで、
地元住民の方々には整備後の管理の方法や頻度を詳しくご説明したところではあったのですが、
なかなかもくろみどおりにはいきませんよね。
里山環境の維持には管理が欠かせない、ということがよくわかります。

その広葉樹林の整備直後の写真は下のとおり。

DSCF0442.JPG

きれいに間伐・除伐されています。
林内空間を明るくしてコバノミツバツツジなどをいっぱい咲かせよう、という計画でした。

PA170091.JPG

施工後3年でこんな感じ。そっからさらに7年たつとだいぶ変わりましたね。
おそらく今の方がコバノミツバツツジなどツツジ類は多いようですが、
あまり花が付いた様子がみられなかったです。

もっとも、施工後3年の段階で歩道脇の草刈りなどがあまりきちんとされていない様子だったので、
もっと荒れ放題になっているかと思ったら、
歩道の維持管理のための作業は定期的に行われているようでした。

こちら竹林内の歩道の整備直後の様子。

DSCF0483.JPG

歩道脇をあまり伐採しない方が光が入り込まないのでいい、と提案していたのですが、
どうも開きすぎてしまったようです。

PA170078.JPG

こちらが施工3年後。道路脇に草や低木が繁茂するようになっています。
竹も少し歩道側に広がってきています。

P5100006.JPG

こちらが今回。
歩道脇はなかなかきれいに草刈りされています。
それでも歩道の上空が竹に覆われるようになって、少し暗い感じもします。

いずれにせよ、ある程度管理されているようで、安心しました。
里山管理の団体の方々が協力されているのかもしれません。

ところどころタケノコを倒してありました。

P5100010.JPG

もったいないような気もしますが、こうしないと竹が密になりすぎるので、
食べる分以上に生えているタケノコは小さいうちに倒しておいた方がいいんです。

ところで、林内を歩いていると、フクロウの雛を発見しました。

DSCN4298.JPG

2羽同じ木にとまっていましたが、もう1羽の鳴き声がすぐ近くの木の根もとからしていたので、
そのあたりに巣があるんだと思います。
あまり驚かしてもよくないので、雛の写真だけ撮って立ち去りました。

DSCN4278.JPG

DSCN4302.JPG

なかなかかわいらしい。

せっかくなので、カメラを動画設定にして30分ばかり置いておくと、
真っ昼間なのに餌運びが入ってました。



珍しい。
餌の種類はよくわかりません。フクロウの餌の大半はネズミ類のようですが、
どう見てもネズミには見えない。トカゲか芋虫かな、という感じ。

なかなかラッキーでした。
周辺地域の農地とともに里山環境がフクロウのすみかになっているんでしょう。
今後、この公園のシンボルになるんでしょうか。
カメラマンが集まるようになってもあまりよくありませんが、
いい形で環境学習などに使える素材になればいいのですが。


さて、明日は当社の50周年記念祝賀会を開催します。
いろいろ大変です。



posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 18:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする