2019年04月09日

繁忙期お疲れ様会 ^^) _旦~~

4月になりました✨

桜が満開ですね(*^^*)🎵

繁忙期も終わりました\(^o^)/

みんなの気持ちがほっとしたところで、恒例のお疲れ様会が開催されました🍴✨
焼肉を囲みながらかんぱ〜い🍺🍺🍺
IMG_0545.jpg

がんばった後の焼肉は最高ですね(*''ω''*)💓
IMG_0550.jpg

ごちそうさまでした🍴💕


繁忙期が終わるとプライベートの時間に余裕が持てるので
趣味に、旅行に、家族にたくさん時間を使っていきます〜〜〜!(^^)!🎵

長〜いGWも迫ってきてますし、これからはプライベートの繁忙期の始まりです✨笑


posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 10:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

春休み


春ですね。
まごうかたなき春ですね。
世間では少し前から春だったようですが、
我々コンサルに属するものが春を実感するのは繁忙期が終わる4月から。

最近は、昔ほどではなくなったような気がしますが、
それでも納期が集中しますからね。
それなりに忙しい。
加えて私の場合は猛禽類を相手にしており、繁殖期でもあるので、
仕事でもできるかぎり現場に出たいし、
プライベートでも見なければならないところがある。
内業やら仕事の現場やら遊びの現場やらで忙しくなってしまう。
まあ、遊びの現場は休みなんですけどね。

そんなわけでコンサルはたいてい2,3月あたりは忙しいのですが、
4月からは一変します。
世間では働き方改革、というらしいですが、
年中同じペースであんまりがんばらない働き方よりも、
一時期がんばって、その後はしっかり休む、あるいはまとめて遊ぶ、
というほうがメリハリがあっていいんじゃないですかね。

私も今週はお休み。もともとは29日あたりからドバーっと
10日ぐらい続けて休むつもりだったのですが、よんどころない事情で
休みは火曜の午後からになってしまった。
まったく会社とも仕事とも関係ないですが、私の春休みを紹介します。

火曜日の午前は愛知県で打合せ、昼であがると休暇入り。
午後からは東京近辺に移動。

IMG_20190402_144757.jpg

途中、新東名を走らせていると、富士山が見事。
ちょうど冬型で雪が降ったし太平洋側は天気がいい。
東京近辺では古い知り合いに集まってもらって宴会。

水曜はよんどころない事情で、とあるセレモニーに出席。
場所が九段だったので、終わってからニュースなどで有名な千鳥ヶ淵に行ってみた。

IMG_20190403_172721.jpg

ちょうど桜が満開。
人もいっぱい。ボートだらけ。
それでももっと外国人が多いかと思ったが、日本人の方がずっと多い。
大阪城など関西よりもましなのか、たまたまか。

IMG_20190403_175041.jpg

近くなので靖国神社も行ってみた。まるでお上りさんですな。
そういえば10年以上東京近辺に住んでいたのに行ったことがなかった。
すぐ前のお客さんのところにしょっちゅう打合せに行ってたのに。

木曜は新潟に移動。

IMG_20190404_121654.jpg

みつまたかぐらスキー場にてスキー。
春スキーといえばみつまたかぐらですが、
まるで私に合わせてくれたように前の日まで雪が降ってくれて、
4月とは思えないコンディション。
まさか新雪滑りができるとは思わなかった。
こういうときはかぐらは最高なんですよね。
この写真の奥の斜面のどこを滑ってもいいんです。
こういう自由な感じがすばらしい。
景色も外国のスキー場みたいでいい感じ。
しかし、さすがに4月なので新雪とはいっても重い。
すっかり疲れてしまった。

といいながら、金曜日は長野に移動して野沢温泉スキー場にてスキー。

IMG_20190405_101013.jpg

IMG_20190405_100638.jpg

ここも上の方は「どこでも滑って、ただし自己責任ね」というスキー場。
林内どこでも滑れる。ブナだらけ。
最近は何でも規制していると客が集まらないのか、一時の「とにかく安全、でもつまらない」
という状態を脱して、ちょっと羽目を外せるスキー場が増えてきたようです。

そんなわけで、休みというとスキーばかりしております。
繁忙期で体がなまって全然ダメだろうと思ってましたが意外と元気。
まだまだ滑れる。
明日は白馬に移動して八方尾根かな。

ここまでつまらんことを書き連ねてきましたが、
ちょっと仕事でも使うかもしれないネタを。

休み中にひとつだけ試したいことがあって、
私の持っているドローンには「アクティブトラック」という機能があります。
これは、対象物を自動で追尾するモードです。
一定の距離を保って追いかけたりします。
説明書を見ると、秒速15mまで出せる、というのでたいていのものを追跡できるはずです。
ユーチューブなんかを見るとバイクを追跡したりしている。

そんなわけで、スキーをしている私を撮影してみた。
まず1回目。



全然付いてこない。
大失敗。
コントローラーをかばんに入れたところ、レバーが何かに触れたみたいで、
アクティブが解除され、勝手に移動して木に接触。
落下。
まあ、落ちてきただけマシ。
すぐ見つかったし、下が雪なのでプロペラひとつ破損で済んだ。

プロペラ交換の後、再度トライ。
今度はコントローラーの対策は万全。



滑り終わって見上げたら、
あれ?
ドローンいない。

後で画像を見たら最初ゆっくり滑っているときは付いてきているけど、
急なターンをするともう追尾できなくなってるやん。
コントローラーには「追跡対象が不安定なので追尾できません」なんて出ていた。
いやいや、そういうものを追尾できなきゃおもしろくないやん。
まあ、私の滑りが速すぎるということか。
いやいや、そんなに速く滑ってないし。
使えねえ、これ。
こぶ滑りとかポールバーンとか激しく動くところを撮ってみたかった。

たぶん、設定とかシチュエーションとかあるんでしょうからいろいろ試すしかないか。
しかし、どこかに「アクティブトラック」はドローンをロストあるいは落下させやすい、
と書いてあった。試している間に何個かダメになるな。

以上、最後にちょっと「落ち」を入れました。
ほんとに落としたし。
ちゃんちゃん。





posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 00:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

謹賀新年


あけましておめでとうございます。

旧年中はお世話になりました。
特に、環境設計株式会社が50周年を迎えたということで、
祝賀イベントにご参加いただいた方、暖かいお言葉をちょうだいした方、
本当にありがとうございました。
昨年に50周年ということは既に51年目を迎えていたということですが、
何となく昨年が50周年という節目の年で、
今年から新たなスタート、という気持ちもしております。

さて、今年の会社の年賀状は以下の体裁となりました。

年賀状2018revrev(outline).jpg

O君のデザインです。
左右のQRコードは会社のHPや50周年記念に作成した会社の歴史動画につながります。
写真は私から提供しました。
最初は調査室にはふんだんにある、センサーカメラによるイノシシの写真を
メインにしようとしていたようです。

ニホンシノシシ.jpg

09143364revrev.jpg

まあ、それはそれで迫力があったり、
うり坊であればかわいかったりするのですが、
何というかありきたりだし、
あまりメッセージ性がないように思えたので、
即却下。
冒頭の写真・デザインに変えてもらいました。
O君はデザインの観点からきれいに見える方、優れている方に流れようとするのを、
私がメッセージ性の強いものを求めた、ということでした。

すなわち、イノシシの群れを環境設計株式会社にたとえ、
困難な雪の中でも斜面の上の方にみんなでがんばって登っていこう、
あるいは登っていきます、といった意味を込めました。

なんだか昨今のワークライフバランスとか働き方改革、
といった流れに逆行している、スポ魂的な雰囲気を醸し出している、
かもしれませんが、やっぱり技術の会社であれば上を目指さないとね、
努力は必要だ、と思います。

さて、込めた気持ちはそんなところですが、
映像の元は以下の動画です。



冬の多雪地帯での猛禽類調査で撮影した映像です。
距離は1.5kmぐらい離れた谷を挟んだ道路上から撮影しています。
イノシシは女系家族で群れを作るらしく、
先頭がお母さん、続いて娘が何頭か続き、
小さいのはその年とか前の年に生まれた子供のようです。

動画を見ていただければわかりますが、先頭が交代しません。
普通、複数人で雪の中をラッセルするのであれば、先頭は後続に比べて何倍も苦しく、
しんどくなれば先頭を変わることで、スピードを維持します。
このイノシシの群れは先頭が止まると群れ全体が止まってしまいますね。
交代することをしません。
変わるとしんどいのでいやがるのでしょうか。
それとも先頭はボス、というような決まりがあるのでしょうか。
どうも効率が悪そうです。
先ほど、この群れに環境設計をなぞらえましたが、
環境設計はボスがとまっても後続がボスを踏み越えて進んでいってほしいですね。

あと、イノシシは足が短く、体重が重いので、雪の中での行動を得意としません。
動画の中でも苦しんでいる様子が見て取れるかと思います。
なので、多雪地帯にはイノシシはこれまで分布していませんでした。
それが、だんだん雪が少なくなってきているということもあるのでしょうが、
それよりも、個体数増加により、今までいなかった多雪地帯まで分布を広げているようです。
しかし、この映像の場所は日本でも有数の豪雪地帯なので、
イノシシも苦労しているようです。

イノシシの群れもフロンティアを目指して奮闘しているのでしょう。
私も、環境設計株式会社も、彼らと同じように今年もがんばっていこうと思います。

本年もよろしくお願いします。


posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 18:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする