2016年05月20日

屋上野菜作ってます


最近、新人さんに本ブログを乗っ取られた感がありますが、
負けずに私もたまには書いてみよう。

とはいえ、この時期は現場ばかりで会社にあまりいられない。
つい先日もこんなところに行ってきました。

P5150027.JPG

DSCN0566.JPG

あまりどんなところで仕事をしているとは書きにくいところがありますが、
超有名なところなので、この写真でわかってしまいますかね。
まあ、こういうところに行けるのも役得、みたいなものかと思います。

そんなわけで会社にあまりいないのですが、一応、今年も屋上野菜を作り始めました。

P5200003.JPG

左から、トマト、ミニトマト、キュウリ。
ミニトマトがちょっと暑さで弱っているので心配。

P5200004.JPG

左はスイカ、右はメロン。

いずれもRVボックスを使って水耕栽培をしています。
今年はいかほどの収穫がありますでしょうか。
カラスとの戦いは?

イチゴも作っているのですが、留守の間にほとんどカラスに食べられた。

あと、おそらく屋上栽培は今年で最後。
となりにバカ高いマンションが建つので、暗くなって野菜が育たなくなるでしょう。

P5200002.JPG

この写真は、南側に最近できたスーパーの屋上からマンション建設現場を見越して、
会社方向を撮影しています。
真ん中の4階建てがウチの社屋です。
すでに両側に鉛筆みたいなマンションが建ってますが、
さらに向かいに100mのマンションが建ってしまう。

下の写真は私の席から見た外の風景です。今は南側に開けていますが、
来年の今頃にはたぶん、ドカーンとマンションに視界が遮られてしまう。

P5200001 (2).JPG

そんなこともあって今年の屋上栽培はいろんなものを、
いっぱい作りたいところではあるのですが、
会社にいないうちに枯らしてしまうことになりかねないので、
細々とやっておこうかな。





posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 13:14| 栽培・飼育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

大豊作


梅雨が明けたようです。
といって、昨日今日は雨で梅雨の間よりも梅雨が明けてからの方が雨が降るような。

さて、ブログもしばらくお休みしておりました。
現場に忙しく、その分、ネタはいっぱいあるのですが、書き込む時間がなかなかない。
それでちょっと間が空いてしまいました。

といって、毎年やっている屋上園芸コーナーは休んでいたわけではなく、
例年以上に活気を帯びております。

DSC_0019 (2).JPG

これは左のコンテナがトマト。右のコンテナがキュウリ。
トマトはミニトマトと大きなトマトの両方を栽培。

P6260007.JPG

こちらは手前がメロン、奥がスイカ、一番奥のプランターがイチゴ。

青いプランターは種を撒いたばかりだけど、キャベツと白菜を植えてある。

イチゴ以外は今までと同じく全部水耕栽培。
今年ちょっと変えたのはコンテナの下に発泡スチロールのブロックを入れたぐらい。
屋上はどうしても暑すぎるので、せめてコンテナ内の水温を下げてやろうというもの。

それで、今年の成績は、というと。

イチゴは全然だめでした。
5月の一番忙しいときに長期で帰ってこられず水不足でほとんど枯らしてしまった。

キュウリはなかなか好成績。

P6260010.JPG

採れるときは毎日のように収穫。
しかし、キュウリはすぐに大きくなってしまうので、
数日帰らないと食べられないやつができてしまう。

トマトは大豊作。

DSC_0021.JPG

こちら昨日。
今日もだいたいこんな感じ。大豊作。
社内で配るものの、「トマトばっかりもういい」という声が聞こえてきそうな感じ。

一昨日はメロンとスイカも収穫。

DSC_0020.JPG

左上がメロンです。
「屋上でメロンができんの?」と驚かれてしまいましたが、
昨年も作ってます。ただし、毎年1個しか収穫できない。
しかしながら、ものすごーーく甘かった。我ながら上出来。
まあ水耕栽培ですからね。肥料コントロールは容易。
とはいえ、実際には何も考えていない。
出張中に肥料が薄くならないように、濃いめにしていただけ。

スイカもなかなか。
二株で10個以上なった。
今まで最高が7個だったのでこれも豊作。
ただし、ならせすぎたので全体的に小粒になってしまった。
しかも、カラスにねらわれて、実際に収穫できるのは3,4個になりそう。

P7100002.JPG

これなんかまだいいほう。

P6260009.JPG

ここまでぐちゃぐちゃにされてしまう。
最後はほんとにきれいに薄い皮になるまで食べられてしまう。
都会のカラスおそるべし。どこでこれが食べ物と学習するのだろう。
しかも、まだ赤くなってないうちから食べやがって。
1〜2個食べられた段階で屋上にネットを張ったのですが、
屋上は私だけのスペースではないので、全部覆うわけにはいかず、
ネットのない部分から自由に出入りされてます。

この夏の栽培はだいたいこれで終了。
これ以降は屋上での作業は暑すぎるし、だいたい野菜の方も育たない。
すでにキュウリは枯れ、スイカやメロンも元気がなくなっている。
まあ秋まで小休止ですな。

まあ、なんのかんのいって、今年もそれなりに楽しみ、おいしく趣味の園芸をやってます。
これまでのところ全体的には大豊作で大満足。
今年は長期出張中にアルバイトのIさんに水やりをお願いしたりして、うまくいってます。

ただ、社員で未だに屋上栽培に参加される方がいない。
改めて社員の経歴を見させていただくと、園芸部だとか園芸学校卒業、
という方が何人もいらっしゃるようですが。

現在、環境設計では生物調査要員、造園設計・緑地計画要員を募集しているようですが、
私としては園芸要員も確保したい。
園芸をやりたいという学生さん、ぜひ環境設計をよろしく。
屋上栽培をぜひ一緒にやりましょう。

とはいえ、屋上栽培は風前の灯火、継続の危機にあります。

DSC_0021 (2).JPG

原因はこちら。
西側にでかいマンションが建つらしい。
なんと、高さ100m。
昨年、南側には14階建てのマンションが建っている。
ぜんぜん陽がささないようになるのではないか。

おもいっきり日照権の侵害ですな。

来年からは葉もの野菜しかできなくなるかな。
それともキノコ類でも栽培するか。
あるいは、
「おたくのマンションのせいで野菜ができなくなった、代わりにそちらで屋上栽培をやらせろ」
とゴネてみるか。

ドコモポイント



posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 21:28| 栽培・飼育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

屋上栽培 秋


やっと涼しくなってきた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
いやあ今年の夏は暑かったし長かった。
ほんと参りました。
若い頃に比べると体力の低下はもちろん、汗をかく量が断然増えました。そうすると、
疲れやすくなるだけでなく、より多くの飲料水を持ち歩かなければならなくなって困ります。

さて、しばらくこのブログも書くのをさぼってました。
暑さでのびてました。なんでも悪いことは暑さのせいにしておこう。

屋上栽培の方も暑さで炎上。
今年はぜんぜんダメでした。
忙しくて手入れもしなかったし、長期出張のため水不足や肥料不足となって枯れたり、
豪雨でプランターの排水穴が詰まって水びたびたで枯れたり、さんざんでした。
せっかく生き残っていたキュウリとかスイカとかメロンとかも最後は暑さで枯れてしまった。
キュウリは結構とれたけど、スイカは4個だけ。それもあまり大きくならなかった。
メロンに至っては、

P9010115.JPG

こんなへんなのが1個とれただけ。
キウイなんて真っ先に枯れました。暑さには強いだろうに、水耕栽培とは相性が悪いのか。
ちょっと残念でした。

7月下旬にはほぼ全滅に至りまして、熱い間はしばらく休んで、最近、秋野菜始めました。
とはいっても、今年は少々忙しいので小規模に、

P9010116.JPG

キュウリをまた少し。

P9010119.JPG

白菜も2本ばかり。これはおそらくウサギ用。

P9010117.JPG

春の豊作を期待してイチゴも6株ばかり。

P9010118.JPG

あとは葉物で水菜やキャベツ、大根を少々。

ちょっとマンネリなものばかりになっているので、
なんか思いついたらおもしろいものに挑戦してみたい。

ただし、困ったことが一点。

環境設計ビル.jpg

いままで、環境設計の社屋は、北隣が空き地、東隣は同じぐらいの高さ、
南隣は立体駐車場だがうちより低い。
西隣は学校で真西は高いけど通りを隔てているし、南西側はグラウンド。
といったわけで、太陽を遮るものがなかった。

それが、南側に現在、14階建てマンションが建設中。
完全に日陰になってしまう。
会社的には夏場涼しくなるだろうけど、屋上栽培には不向きになる。
椎茸栽培でも始めようかな。

まあ、南東側の一角を除いて西側は西日が射すだろうからなんとか続けていこうと思う。


ドコモポイント

posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 21:01| 栽培・飼育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする