2022年04月29日

春休みpart2


昨日に続いての連投です。
昨日はスキー三昧みたいな話をしましたが、残念ながら若い頃のように、
毎日スキーなんてことも、1日中スキーなんてこともできません。
なので、スキーをしたら次の日は近くのワシタカを見たり、
午前中はワシタカを見て午後はスキーなんてこともやったりします。

そんなふうにして、春休み期間中に観察したイヌワシの画像などを紹介します。
まずは北陸のイヌワシ。

DSC06952.JPG

これ、たぶん、抱卵中の雌。
下腹部のちょうど卵を温めている場所の羽毛が乱れています。
翼の羽根がそろっていてきれいな状態。
栄養状態がいいんでしょう。

雌が巣から飛んでいったなあ、と思っていると、
すぐに餌を持って巣に直接ご帰還。

DSC06964.JPG

動画を閲覧できる方は動画もどうぞ。ただし、だいぶ圧縮してます。
餌の種類はわかりません。鳥かな。



その1時間後には今度は雄がウサギを持って帰ってくる。

DSC06984.JPG

こちらも動画をどうぞ
まさにウサギの頭をイーグルキャッチ。いや、鷲づかみ。



捕獲するところも見たいんだけど、それはなかなか。

雄は持ってきたウサギを雪面に置いて、巣に向かいます。
雌と交代して卵を温めるんだと思います。
雌は入れ替わりに出てきてウサギを食べに来ます。

DSC07021.JPG

少々グロいですが、よろしければ解体シーンをどうぞ。





食べ終わった雌は、腹ごなしにお散歩、という感じで飛び去りました。



私も満足して撤収。
山の上り下りを別として、観察時間は4時間ぐらいですかね。
それでこんなに貴重なシーンを見ることができました。
運も良かったのでしょうが、やっぱり環境がいいんでしょう。

IMG_20220402_120125.jpg

こんなところですけど、草地や疎林が主な餌場となるイヌワシにとって、
どこでも餌を捕れそうなところです。


一方、今度は近畿のイヌワシ。

IMG_20220416_132917.jpg

こちらは簡易的なブラインドを張って、巣が見える場所から観察しました。

DSC07268.JPG

これはそこのイヌワシの雌。
翼には傷んでいる羽根が多い。
栄養状態が悪そう。

DSC07248.JPG

それでも現在、ヒナを育てていて、巣には餌も置いてある。
この時点では餌の種類はわからず。

DSC07309.JPG

雌は出たり入ったり少し落ち着きなく忙しそう。

DSC07296.JPG

DSC07256.JPG

巣材を巣に搬入したりしていました。

DSC07303.JPG

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、ふ化後10日齢ぐらいのヒナ。

ここからは動画の紹介。
容量制限の関係で、画質を落としている上に、
この日は風が強く、ブラインドの震動が三脚を揺らすのでブレブレ。



こちらはヒナの様子。



こちらは雌が餌を持ち上げるところ。
なんじゃこりゃ、と思いました。
イヌワシの餌というと、ノウサギとヤマドリ、それにヘビが定番。
一瞬、ヤマドリかと思いましたが、足が長すぎる。
これはアオサギです。



こちらはそのアオサギの肉をヒナに給餌するところ。



こちらは雌が骨を飲み込むところ。
歯がなく砕けないので、丸呑みします。
最後は足の長い骨も丸呑み。
中国雑技団のよう。
こいつらの胃はどうなってるんだ、という感じ。
骨を丸呑みして栄養になるんかね。消化されるんかね。



ただし、つま先は気持ち悪いのか、吐き出してしまう。

こんなふうに、近畿の方も貴重なシーンを観察することができました。
しかし、餌がアオサギとは。
イヌワシは餌がノウサギの比率が高いほど繁殖成績がいい、
という話もあります。上の方の北陸のワシは夏になっても
ノウサギが運ばれることがあるなど、ノウサギの比率が高いですし、
やっぱりよく繁殖しているようです。
一方、下で紹介した近畿の方のイヌワシのつがいは、
なかなか繁殖できていませんし、ヒナが巣立つことがあっても、
餌不足ですぐ落鳥してしまうようです。

IMGA0035.JPG

これは、その近畿のイヌワシのつがいがアオサギをねらって
ハンティングに失敗してしまうところです。
このつがいは飛びながらハンティングすることが多いのですが、
イヌワシの場合、こうしたフライハンティングは成功する確率が
低いようです。

今回は北陸と近畿のイヌワシを1つがいずつ見てきましたが、
両方繁殖していて、一見、どちらも良好な感じです。
ただし、翼の状態や餌内容を見る限り、対象的であり、
たった1日ずつ見ただけですが、近畿のイヌワシが危機的な状態に
あることがよくわかる結果となっています。実際、近畿のイヌワシは
全体的に繁殖率が非常に低いですし、櫛の歯が欠けるようにどんどんつがいが
消失していっています。

仕事ではない趣味的な観察でしたが、いろいろ考えさせられる状況でした。
とはいえ、それぞれ観察しているシーンは非常におもしろく、
楽しんで観察しているんですけどね。

何にせよ、スキーと合わせて今年の春はいろいろ楽しんでいます。



posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 00:34| 生物調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月17日

バカンス@九州

コロナもやっと落ち着きまして、一安心。
気を緩めてはならない、という方もいらっしゃるようですが、
緊張しっぱなしでプッツリ切れるのも怖いもので、
少しぐらいリラックスしてもいいんじゃないですか。

というわけで、九州にてバカンスを楽しんでます。
行きはフェリーにてナイトクルージング。

PB130040.JPG

大阪南港を出発して、

PB070004.JPG

すぐに明石海峡大橋をくぐります。

PB070015.JPG

PB070008.JPG

九州上陸後は、紅葉を楽しんだりして。

211109植生-スダジイ群落.JPG

211109植生-左岸上流側の植生.JPG

ボート遊びもしちゃったりなんかして。

211116-その他-小石原川ダム湖内移動中.JPG

と、ここまで書いてきて悲しくなってしまいますが、

これ全部仕事です。
まあ、バカンスと見えなくもないかもしれませんが、れっきとした私の仕事です。
九州には平成25年度以降、ほぼ毎年出張しています。
特にここ数年は多くなってます。
最初の写真はカーフェリーでの夜間移動。
荷物が多いのでカーフェリーを利用することが多くなってます。
観光の方もいらっしゃるので、ナイトクルージングといえなくもないですが、
もう何度も使っているのであまりときめきは覚えませんね。

紅葉というのは、まあ、紅葉の山々を見に行っているといえなくもないですが、
植生調査では、落葉広葉樹など色づいた方が何々群落というのが見分けやすく、
そういう時期を狙って行ってます。添付した画像はドローンで撮影したものです。
垂直に撮影した空中写真が図面に落とすには有利ですが、ネット上で拾える
空中写真はなかなか紅葉の時期に撮影されたものはありませんし、
直近でなかったりするので、補助的にドローンを使ったりします。
これも遊んでいるわけではありません。

最後は船遊びをしているわけではなく、魚類調査のためダム湖内を移動している
最中に撮影したものです。風が気持ちイーなどと、喜んだりしておりません。
もう11月なので、十分寒かったりします。

というわけで、仕事のお話でした。
先週から2週間連続で同じ九州の現場に滞在しています。
先週は植物関係、今週は水生生物関係です。
この間、私以外のメンバーは入れ替わり、さすがに土日は休みでした。
私としては早く帰りたいので、土日も仕事にしてしまいたかったのですが、
昨今はなかなかそういうわけにもいかないようです。
働き方改革、なんていうのもありまして・・・。
というか、私の都合で他のメンバーに土日働け、とは言えませんし。
何よりも、今日日はお役所が土日の作業を許してくれません。
まあ仕方がない。

そんなわけで、土日は本当に九州バカンスでした。
もっとも日中は九州の猛禽を見たりして。

DSC00011.JPG

九州のクマタカです。
別に本州のクマタカと変わりません。
繁殖期でもないし、特別なものが見られるわけでもありません。
といって、この現場の周辺で行きたいところはだいたい行ってしまったんですよね。
なので、何か見るものないかな、と行く前にいろいろ考えた結果、
ちょうどこの時期、九州でやっていることといえば、

PB140003.JPG

そうです.大相撲九州場所。
って知らんか。

PB140008.JPG

まあ、ともかく、日曜日から博多で大相撲が始まりました。
ちょうど休日に当たったので見に行ってきました。

PB140005.JPG

暇なので、だいぶ早い時間から開場入りしたので、協会ごあいさつ、
なんてのも初めて見た。

DSCN7375.JPG

DSCN7392.JPG

土俵入りを見るのも久しぶり。

DSCN7420.JPG

こちらごひいき、宝富士。おもしろいお顔で不器用、という力士が昔から好み。

DSCN7443.JPG

続いて、大関貴景勝。

DSCN7450.JPG

最後は横綱照ノ富士。

ひとつ動画も付けておきましょう。



ちょっと仕事の道具を使って撮影してしまった。

そんなわけで、九州ライフをそれなりに楽しんでます。
残りは仕事だけど。




posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 00:45| 生物調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月17日

注射?


いやあ大阪府のコロナの陽性者数もやっと落ち着いてきました。
来週には緊急事態宣言も解除だとか。
ノンケアというわけにはいかないのでしょうが、感染拡大時の
いやあな雰囲気が解消されるだけでも助かります。
ワクチン接種も広がりつつあるとか。
しかし、職域接種だとかで、大企業だけが優先してワクチン接種できる、
というのはなんとかならないか。
中小には打ち手がいないから、という理由らしいですが、何を隠そう、
私、打てるんです。
注射器も持ってます。
それも、7回打てるという優れものの注射器。

201111下流河川イラストマー使用色(グリーン).JPG

別に危ないものの中毒というわけではありません。
これ、魚類調査に使います。
イラストマーという商品で、魚類の皮下に蛍光塗料を打ち込んで、
標識(マーカー)として個体識別に使います。
捕獲個体にマーキングして、再捕獲することによって、生息個体数を
推定したり、回遊状況を把握したり、魚道の遡上状況を把握するのに
有効な方法です。

数もいっぱい持ってます。

P6170001.JPG

これ、現在一般的にコロナワクチンの接種に利用されている注射器よりも
余りが生じないのでより多くの回数打てますし、針が長いので筋肉にも
十分届きます。
というか、魚類調査用の注射器というわけではなく、インシュリン注射用の
製品を流用しているようです。

それを以下の写真のように、魚の目の後ろだとか胸とかに打ち込みます。

201111下流河川イラストマー染色作業2.JPG

201111下流河川タカハヤ染色状況1.JPG

これ、魚に麻酔をかければ簡単ですが、麻酔をかけたり、
麻酔が効くまで待つのも面倒なので、たいてい素の状態で打ちます。
そうすると、おさかなのことなので、「動くな」といっても
聞いてくれるわけもなく、嫌がって飛び跳ねます。
皮下に打ち込む微妙・繊細な作業なので、なかなか難しい。
これを何十回、何百回繰り返したことか。

なので、人にワクチンを射つなどというのは、楽勝、
という気がしています。
特に今回のワクチン接種はテレビのニュース画像などを見る限り、
垂直にぶちゅーっと打っているだけなので、だれでも打てそうです。

私に打たせろ、と声を大にして言いたい。
というか、インシュリン注射は個人でも打てるそうですね。
それならワクチンも、と思います。

まあ、副反応が出た人に対処することはできませんが。
あるいは、私に打ってほしい、という人もいないと思いますが。
なので、自己責任で自分だけに打たせてもらえれば。

別にワクチンを打ちたいわけではないのですが、
なんなら、私以外の全ての人が接種して、コロナを抑え込んでくれれば、
私だけは打たなくて済む、ぐらいに思っているのですが、
打つ必要があるのであれば早いほうがいい。
やっぱり仕事がら、人と会うこともすべて避けることは困難だし、
田舎の方にも行くので、自分が感染源にはなりたくない。

といったわけで、私にもワクチンを打って良い、という許可が
得られましたら、早い者勝ちで希望者にはワクチンを打って
差し上げます。何かあっても責任は負いかねます。
なんせこんな簡単な注射を打つだけで1日十数万円もらえるらしいので、
打てるものなら私にも打たせろ、と言いたい。
魚に打っているよりはだいぶ儲かるだろう。




posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 21:23| 生物調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする