2013年05月14日

ミニフォーラムを開催します。

皆さんこんにちは
久しぶりの投稿です。
さて、今年も造園学会全国大会でミニフォーラムを開催します。
今回は「流域を捉えた緑の柔構造都市論の方向性」としたテーマです。
おそらく何のことかわからないと思いますので、
少しご説明させて頂きます。

東日本大震災から早いもので2年2ヶ月が経ちました。
海岸部では津波の被害、内陸部では、住宅地の滑落や盛土のり面の崩壊など、
一言では表現できないほどの甚大な被害でした。
このような惨状をコーディネーターである当社顧問の中橋が「流域を捉えた新たな緑地計画論」の必要性を痛感したことから、「緑の柔構造都市」と称して調査、研究をスタートさせました。

私の担当は、被害の大きかった防潮林をターゲットにしており、
昨年10月に実施した被害状況の調査を踏まえて、
防潮林が多重防御の一角を担うためには、
どのような構造でなければならないのかを
試行錯誤ではありますが検証している最中です。
ミニフォーラムでは、このような緑の構造力学という新たな技術のお話が出来ればと思っています。ご興味がある方は、ぜひお越しください。

【平成25年度 造園学会全国大会】

09Flyer_Taikai.jpg

ミニフォーラム「流域を捉えた緑の柔構造都市論の方向性」

■開催日時
平成25年5月25日(土) 17:00〜18:30

■開催場所
千葉大学西千葉キャンパス

■コメンテーター
・糸谷 正俊(NPO法人国際造園研究センター)
・林 まゆみ(兵庫県立大学)
・藤原 宣夫(大阪府立大学)
・森山 雅幸(宮城大学)
・永井 英樹(環境設計株式会社)

■コーディネーター
・中橋 文夫(鳥取環境大学)

by 管理人N
posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 03:33| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

せんなん里海公園「魅力体感会」のご案内

miryoku2012_web.jpg(一財)大阪府公園協会と指定管理を行なっている「せんなん里海公園」からのお知らせです。

海から山まで貴重な自然と触れ合える、
せんなん里海公園の魅力をご紹介します。
秋の遠足の候補地として、ぜひご検討ください。
ご希望の方には公園をご案内いたします。

日程:8月20日(月)・22日(水)13:30〜
参加費無料
事前申込が必要です。
参加対象:小学校・幼稚園・保育所の先生
詳しくは左のチラシをクリック!
nag




posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 00:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

ミニフォーラムを開催します。

H24miniforam_web.jpg

今年は大阪府立大学にて平成24年度日本造園学会全国大会が開催されます。
その一環でミニフォーラムを以下のとおり開催します。
長寿命化と地域コミュニティと取り上げたフォーラムはおそらく初めて。
テーマについての意見交換や公園施設長寿命化計画の策定状況など、
地域コミュニティと絡める公園再生の「道しるべ」となることを目指して、
会場の参加者の方々と一緒に考えていきたいとおもいます。

「公園の長寿命化と公園再生 -新たなまちづくりの拠点創造-」

■開催日時
平成24年5月20日(日) 17:00〜18:30

■開催場所
大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス B3棟3F 205中講義室

■コメンテーター
•辻野 恒一(国土交通省 都市局 公園緑地・景観課 企画専門官)
•漆畑 良隆(独立行政法人 都市再生機構 西日本公園事務所長)
•濱邊 博史(財団法人 大阪府公園協会 事業本部長)

■コーディネーター
•永井 英樹(環境設計株式会社 計画設計室 室長代理)
posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 00:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする