2020年08月12日

虫取り


毎日暑いですね。
大阪はここのところ晴ばかり、、、、だったのかな。
私はこの5日ばかり九州にいて、ほとんど雨でした。
梅雨みたい。
そのせいで予定を延長しているうちに、
会社の屋上で栽培している野菜が水不足で大半が枯れました。
なんてこった。
会社に連絡して誰かに水をやってもらうんだった。
毎日雨だったのでそんなこと思い当たらなかった。

さて、九州では昆虫採集をやってました。
連休を利用して趣味の虫取り。
ではなくて、仕事です。
本来は7月の平日に予定していたのですが、梅雨明けが遅れたのと、
ご存じのとおり九州地方は今年は7月に大雨があり、
延期せざるを得なくなってしまいました。
そのしわ寄せで休日にも関わらず、仕事をやることになってしまった。

例年であれば夏休み期間の休日は交通機関や宿泊施設は混みまくり、
現地調査以前に移動や宿の予約ができないのですが、
今年はコロナのおかげで空きまくってます。

P8110036.JPG

こちら九州で乗った特急列車。
博多と有名な観光地を結ぶ路線なのですが、
この車両には私しか乗っていない。
どこに行ったGoToキャンペーン。
客室乗務員のお姉さんが暇そうで、
記念乗車証だとか絵日記だとか、マニア向け、
あるいはお子さん向けのものを持ってきてくれる。
さらに、20分ばかり駄弁っていかれました。

宿もGoToキャンペーンのおかげで料金35%引き。
にも関わらず、空いてました。
泊まっている他のお客さんも工事業者とか仕事関係の人が多そう。
GoToキャンペーンの有無にかかわらず宿泊していた人たち、
と思われる。いやあ、観光産業大丈夫か。
なんだかGoToキャンペーンで得しているのは、
私のような仕事で移動している人ばかり、という感じ。
多分趣旨と違うだろう。なんだか申し訳ない。
ただ、私もこんな時期に出張に行きたいわけではないのでご容赦を。

ところで今回の仕事は昆虫調査。
私としては、専門外なので、どちらかというとサポート役に回ります。
採集方法には主に網を振って虫を集める「スウィーピング」とか、
木の枝を叩いて落ちてくる虫を採集する「ビーティング」、
そのへんの虫を見つけ次第捕る「見つけ捕り」、
夜間にライトに集まってくる虫をトラップで集める「ライトトラップ」、
地面を歩き回る虫を穴に埋めたコップに落として捕る
「ピットフォールトラップ」などがあります。
このうち、何も考えずただ穴を掘ればいい、落ちた虫をコップごと
回収してくればいいという、いわば単純作業の
「ピットフォールトラップ」を主に担当しました。

寺周3-PT設置状況.JPG

いや、本当は虫が多そうな場所とか、環境の多様性とか
いろいろ考えなければならないはずですが、
他の方法に比べれば昆虫の識別は不要ですし、だれでもできる。
ただ、力業なので夏には疲れる。
まあ、最近太り気味なのでちょうどいい。

しかしながら、穴掘りばかりでは面白くない。
あと、私には秘めたる野望があって、
「クワガタだけは誰よりも捕る」
と思ってました。
子どもの頃は夏になると毎日のように山に行って
クワガタ取りをしていたものです。
クワガタを取らせると私の右に出る者はいまい。
一番のお気に入りはヒラタクワガタ。
ノコギリクワガタやオオクワガタよりもかっこいい、
と思ってました。ノコギリクワガタやミヤマクワガタのような
派手さはないけれど、オオクワガタのような希少性もないけれど、
一番丈夫で力持ち。
残念ながら中学生になって部活動をやり始めると、
私のクワガタ熱はすっかり冷めてしまったのですが、
昆虫調査となると、ねらうはクワガタばかりなり。
仕事なんで特定のものばかりねらったらダメなんですけどね。
まあ、網羅的な採集は専門とする他の人にお任せ。
そんなわけで、ピットフォールをできるだけ早く終わらせて、
クワガタ取りもやってやろうと虎視眈々。
今回はヒラタクワガタをねらってました。

ただ、今回の調査環境はあまりクワガタのいそうな場所がない。
唯一いそうなのは河川敷。
一般に、クワガタやカブトムシは山に生えているクヌギに多い、
と思われており、河川敷にいる、ということは
あまり知られていないのですが、実は河川敷に生えている
ヤナギによくいます。
あと、樹液の出ている木にいるので、
甘い匂いのするところを探します。
そんなところを探していると、やはりねらったところにいました。

ヒラタクワガタ1.JPG

これはちょっと木に登ってみつけた個体。
蝶の方はコムラサキ。

ヒラタクワガタ2.JPG

こちらは小型のヒラタクワガタ。

ヒラタクワガタ3.JPG

こちらはなかなかご立派な個体。
やっぱりかっこいいね。

久しぶりにクワガタ取りに熱中しました。
私以外の人はだれもヒラタクワガタを捕っておらず、
十分役目を果たしました。
子どもの頃の訓練が役立ちました。
なんだかこの仕事には大学とかで学んだことより
子どもの頃の経験の方が役に立っているような。
もっとも、仕事なので、せっかく採集したヒラタクワガタも
取り上げられてしまいます。
まあ、捕ることが楽しいのでこれで十分。

みなさんもせっかくの休みにコロナコロナで
家にばかりいたらつまらないでしょう。
何百キロも移動しろとはいいませんし、
そんなに遠くまで行く必要もないので、
近くの山や川に行って昆虫採集をしてみてはいかが?
あまり人に会うこともないですし、コロナに感染することもないでしょう。
もっとも熱中症にはなるかもしれない。




posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 21:10| 生物調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月30日

表彰


連日コロナ関係のニュースでなんだかくらーい感じですが、
環境設計株式会社にとってはうれしいニュースがありました。

独立行政法人水資源機構から、2年間にわたって実施した、
「平成30-31 年度小石原川ダムモニタリング調査」が
「優良業務」、本業務で主任技術者を務めた私が「優良技術者」
として「理事長表彰」を受賞しました。

https://www.water.go.jp/honsya/honsya/kisya/pdf/2020/06/20200629_honsya_02.pdf

毎年この時期に、○○業務が表彰されましたー、
とHPのトップであったり、本ブログで自慢方々紹介していたのですが、
昨年はしれっと表彰については触れずじまい。
実は、表彰業務がありませんでした。
一昨年は4件もあったのに・・・。

なので、当社としては2年ぶり。
水資源機構から理事長表彰をいただくのは4年ぶりとなります。
理事長表彰は受賞ランクとしては最上位です。
今年は水資源機構による委託業務に対するの理事長表彰は、
全部で11件、11名が受賞となったようですが、
表彰他社をみると大きなところばかり。
当社のような中小企業が理事長表彰をいただくことなんて、
希なことではないでしょうか。
まったくもってうれしい限り。

7月6日に水資源機構の本社のあるさいたま市で表彰式があり、
表彰状をいただいてきました。
コロナ渦の中の表彰式で、各社出席者が一人に限られるなど、
簡略化されていたそうです。
確かに4年前に受賞したときに比べると、ずいぶん質素だったような。

3024小石原川Dモニタ(理事長表彰).jpg
いただいた優良業務の表彰状。

IMG_6284.JPG
記念写真。
写真を撮る直前までマスクをしてましたが、
その瞬間だけマスクを取るという。

業務内容を紹介させていただくと、
当時建設中、完成間近という段階のダムにおいて、
貯水池の出現や流量変化に伴う環境変化を把握するため、
環境調査を実施した、というものです。
今後、試験湛水やダムの運用が予定されていて、
環境の変化が予想される中、生物の様々な項目(魚類、
魚類遡上状況、底生動物、付着藻類、植物、鳥類、
両生類・爬虫類・哺乳類、昆虫類)、生物の生息・
生育環境(環境基図、河川物理環境)を対象とした
調査を行いました。

長期にわたるモニタリングをこれから開始しよう、
というところで、当社が実施する内容が長期的に
継続されることになります。あらかじめ調査の
基本計画的なものはあったのですが、
調査地点、時期など現地の状況に即して、
改めて詳細に検討し直しました。

生物及び生物環境に関する総合的な調査であり、
生物についての広い知識、実績、ノウハウが問われる
業務でした。私としてもこれまでの経験をフル活用
するような業務で、これまでいろんな業務をおそれずに
やってきたことが活かせた、ということでも
うれしいことでした。
ただし、なかなかこうした業務を当社単独で
こなすことは難しく、複数社にご協力いただきました。
もちろん今回の表彰はこうしたご協力の賜でもあります。

しかし、業務の最初の段階では、方々から、
「これは大きな会社向きの仕事だよ、
おたくはこんな大きな仕事できるの? 」
と疑いのまなざしを向けられていたようです。

結果としては、十分できる、ということを証明
できたんじゃないかと思います。
ドラマの台詞を借りれば、「倍返しだ!」 というところ。

しかし、なんだかんだ言っても、半沢なにがしは大手銀行の
エリートサラリーマンですもんね。それも組織内の争いだし。

ところが当社の場合は中小企業。
小さな会社が大手のやるような仕事に挑戦して、
大手以上の成果を残す。
「百倍返し」のような。
ある意味ドラマのような。

いけませんね。調子に乗りすぎました。
たぶん、今年表彰されたのは、昨年表彰がなかったことで、
謙虚な姿勢で仕事をやったおかげだと思います。
こんな偉そうなことを言っていたら、
また来年表彰なしになってしまう。
また明日からは謙虚になります。
この投稿もそのうち削除します。
ちょっと喜びすぎました。

ただ、これから就職しようという学生さんには、
一言いわせていただきたい。
「小よく大を制す」というようなことができる会社を
選ぶのもよろしかろう。




posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 20:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月28日

求人


近畿地方はそろそろ梅雨明けでしょうか。
今年の梅雨は降水量も多かったし、長かったですね。
それでも季節は移りゆくもので、明けない梅雨はない。
コロナもそうであることを祈ります。

さて、環境設計株式会社では令和3年3月卒業見込みの
新入社員を募集しています。
中途採用社員についても随時募集しています。

コロナ騒ぎの中、就職に不安を覚える方も多かろうと思います。
また、内定がとれたとしても、今後のコロナや経済状況次第で
切られてしまうかも、と信じ切れない方もいらっしゃるのでは
ないでしょうか。
幸い、当社は公共事業を中心とした業務内容であることや
コロナ騒ぎを見越して早めに営業活動を展開したことで、
少なくとも今年度の売り上げが大きく落ち込むようなことは
見込んでおりません。
従って、内定切りのようなことは致しません。

とはいえ、小さい会社なので、多くの方を採用するような
ことはできず、いい人がいらっしゃれば早めに決めてしまう
かもしれません。
ご応募はお早めに。

生物調査を仕事として志す人、あるいは経験者、
造園設計あるいは緑地計画・設計を志す人、あるいは経験者、
を募集しています。
詳しくはホームページの求人情報をご覧ください。

なお、当社では近年、募集を大卒以上とさせていただいて
おりました。ただ、専門学校生や短大卒の方でアルバイトとして
来ていただく方の能力は、大卒以上のこともしばしばあり、
認識を改めております。
職業訓練として我々の業務に近いことを勉強されている方は、
単に学問として勉強されている方より即戦力に近いのかもしれません。
そんなわけで今年からは専門学校生や高等専門学校、短大卒
という方も募集しています。

近年、若者は仕事にやりがいよりも待遇や職場環境、安定性を
求める傾向にある、と言われています。当社もそれに応えられる
ような会社でありたい、とは思いますし、ある意味待遇や安定性
なども手前味噌かもしれませんが、先に書いたように他より
優れている面もあろうかと思います。
とはいえ、やはり若い方には仕事の中にやりがいであったり
楽しみを見つけてほしいなあ。
そうでなければ技術者として必要であるところの、
継続的な勉強だとか努力だとかできないんじゃないでしょうか。
というわけで、環境設計株式会社では生物調査だとか
造園設計・計画にやりがい、楽しみが見つけられそうな方を
募集しています。

ご応募お待ちしております。

代)


posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 22:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする