2022年04月15日

新入社員🚴💨の初ブログです!

みなさま、初めまして!
この度、環境設計株式会社に入社しました、22歳のピチピチ新社会人です♪
体調を崩さぬよう、身を引き締めて頑張っていきたいと思います✊

そんな私も、4月から新社会人として新しい環境に慣れるところから始めたいと思います。
ただし、環境設計株式会社には、大学3年生の夏にインターンに参加して以来
入社する直前までアルバイトとして来ていたので、
ある程度職場の雰囲気には慣れているんじゃないかなと思います☺

とは言いつつも、アルバイトと社員としての仕事は全く違うものと覚悟しています。
これからは一社会人として、責任感を持って仕事に取り組んでいきたいと思います。



さて、ここから今回の本題(?)のお話を…
3月末で学生が終わるのを機に、最後にどこか旅にでも行きたいな〜
そう思い立った私は、入社2日前にロードバイクで旅に出かけました🚴

ジャンボフェリーに乗って向かった先は、とあるオリーブの島♪
そう、小豆島です♪自転車部でよく走りに行った、思い出が詰まった場所です♪
最後の学生を満喫した、小豆島一人旅での思い出の写真を・・・📷


🚢 神戸港 ジャンボフェリー乗り場 🚢
220415_輪行.jpg











フェリー乗船前に並んでいるときの写真です📷
時刻は深夜の1時…なんか学生って感じですね💦
自転車はそのままでもフェリーに乗せることができますが、
写真のように自転車を輪行すると、そのまま客室まで持って行くこともできるそうです♪


🚴 小豆島坂手港にて 🚴
220415_坂手港.jpg











なかなかいい写真❤
フェリーが到着し、走る準備をします🚴
天気も気温も最高!絶好のサイクリング日和、とても快適でした♪
さあ、小豆島一周(マメイチ)張り切っていこう!


📷 自転車とのツーショット 📷
220415_ツーショット.jpg















一人で来ているので、もちろん写真を撮ってもらう人はいない、
そしてこの日はド平日…地元の方もあまり見かけません(;^_^A
工夫してスマホを立てて撮りました


🏯 こんなところに大阪城の名前? 🏯
220415_大坂城.jpg















何度も小豆島を走っているので知っていましたが、
小豆島北部には採石場がたくさんあります。
大阪城の石垣に使われている石も、実は小豆島の採石場でとれたものがあるそうです🏯


🚴 旅の後半は激坂続きで…😓
220415_南風台.jpg











恒例の写真スポット📷
最初はウキウキ走っていたものの、島の北側は山岳地帯…⛰
登っては下りの繰り返しで、何度も心が折れかけました💔
もう体力がありません。。。
この写真スポットを抜けたらあとは平地だけ!最後の力を振り絞りました✊


!! ゴール !!
220415_醤油ソフト.jpg















旅の終わりにいつも寄っているマルキン醤油記念館です
ここの名物が、醤油ソフトクリーム🍦
ほのかな醤油の香りと塩味が、疲れた体を蘇らせます
(早く食べた過ぎて、食べかけをパシャリしました💦📷)


🚴 無事完走♪ 🚴
220415_ストラバ.jpg















小豆島一周およそ90キロ、ケガやトラブルもなく完走しました!!
4時間もかからず走れたのは初めてです(;^_^A
景色を楽しむというよりは、本格的なサイクリングになりましたが、
とても楽しかったです♪


🚢 帰りはニャンコフェリー😼 🚢
220415_ニャンコフェリー.jpg















なんだろう、この愛くるしい顔…
いつもくたくたでフェリーを待ちますが、
この満面の笑みを見ると、なぜかいつも元気が出ます🔥


というわけで、小豆島一周ソロライドはとてもいい思い出になりました
いつも行くたびに思います、本当にいい島だなぁ〜
学生最後の旅に選んで、よかったです♪

これからは、学校で学んだことや経験を活かして、お仕事を一生懸命頑張っていきます。
みなさま、よろしくお願いいたします☺


🚴💨
posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 17:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月03日

新年度ごあいさつ


知らぬ間に繁忙期が終わってしまっておりました。
令和3年度もお世話になりました。
振り返ってみると、令和3年度もコロナに振り回される1年間でしたが、
幸いなことに我々建設コンサルタント業界は、営業的にコロナが影響を
受けるということはありませんでしたし(今後は分かりませんが)、
何よりも社員一同がコロナに罹患することなく、
無事に過ごせたことが何よりでした。

令和4年度も皆様方が健康に過ごせるようにお祈りいたします。
また、新年度も環境設計株式会社をよろしくお願いします。

代)

P3280017.JPG

年度末の検査が終わってから少し、桜の名所を散歩してきました。
posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 22:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月06日

クマタカ営巣地カメラ点検

年末年始と極寒が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
僕は正月休みは帰省していたのですが京都、滋賀の方で大雪が降り、仕事始めの前日に電車が止まらないか心配していましたが何とか戻ってこれました。
 さて、そんな大雪が降る前の話ですが、とある作業をしてきました。
それはクマタカの営巣地に向けたカメラの点検作業です。今回は木の上に登って電池交換やアングルの調節などを行ないます。僕自身、木登りの経験自体は何度かあるのですが…
InkedDSCN7501_LI.jpg

今回登る木の高さは40m、巣の高さはなんと35m!ビルの高さにして10階にもなるそうです。聞いた話ではクマタカの巣の高さでは最高レベルだそうです。僕が今まで登ったことがあるのはせいぜい十数mくらいなのですが、その倍ほどあります。どれくらいの高さかは事前に聞いていたものの目の前にするとやはり迫力があります。ビビッて上を見上げたまま5秒はフリーズしてました(笑)
特に途中に枝がないので休みようもなく途中で断念しても誰も助けようがないとのこと。とはいえ、登らなければ何も始まらないので平常を装って登っていきます。
DSCN7500.JPG

簡単に登り方を説明すると木にかけたザイルに写真のように両手でアッセンダーをかけ、アッセンダーにつないだフットループに足をかけてザイルを手繰り寄せるように登ります。
このアッセンダーという道具、最初は取れて落下してしまうのではないかとあまり信用できませんでしたが、なかなか取れないようにうまくできています(笑)
DSCN7506.JPG

そして、長時間かけてようやく登れました。木の枝で下があまり見えず、意外にも怖さはあまりありませんでした。予定通り電池交換、アングル調整を終わらせ、次は木の上から降りていきます。
DSCN7511.JPG

これは降りている時の写真で、使っている道具は写っていませんがディッセンダーというものを使って降りています。これも使い方次第では垂直落下してしまうので最後まで気が抜けません。僕の場合はカタツムリぐらいの速度で降りていきますが経験者はただ落ちていくように降りていきます。まだとてもそんな真似はできません。
そして降り終わって無事に作業を終了することができました。とても高い木でしたがその分、少し木登りの自信が付きました。後はクマタカが繁殖期にその巣に来てくれるのを祈るばかりです。

S






posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 19:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする