2021年08月18日

表彰


夏真っ盛りのはずなのに、なんだか梅雨のような天気が続きます。
コロナもなんだか先が見えないし、くらーい感じですね。

そんな中、環境設計株式会社では、ここ最近、明るいニュースが続いています。
今年に入って、以下の3業務・設計内容がそれぞれ表彰されています。

@令和2年度繁殖期希少猛禽類調査
(発注者:独立行政法人水資源機構 川上ダム建設所):
 独立行政法人 水資源機構 理事長表彰

A大山隠岐国立公園国賀浜遠路
(平成25年度大山隠岐国立公園國賀浜園地・浄土ケ浦園地等整備基本設計業務
平成27年度大山隠岐国立公園国賀浜園地・浄土ヶ浦園地等整備実施設計業務)
(発注者:環境省中国四国地方環境事務所):
 島根県 しまね景観賞 土木施設部門奨励賞

B富田団地環境整備造園基本設計
(発注者:独立行政法人都市再生機構西日本支社):
 独立行政法人 都市再生機構 感謝状

@については、調査室で担当した業務。優良業務と同時に優秀技術者
としても表彰されています。業務の責任者ということで、私が優秀技術者
となってしまいましたが、実際のところ、T君がメインで担当してくれました。
業務内容は、猛禽類調査で、調査精度であるとか、保全への提言といった
内容が評価されたのではないかと思います。
水資源機構からはここ最近、ほぼ毎年表彰していただいておりますが、
特に今回は「理事長表彰」という水資源機構では最上位の表彰であって、
すごくありがたく思います。
昨年度に水資源機構から発注された業務は400件あまり。そのうち、
理事長表彰となったのは12件だけ。それもほとんど大企業ばかりで、
当社のような中小が表彰されるのは例外といってもいいぐらいです。
これで、理事長表彰も2年連続3回目となりましたが、
今後も継続できるよう精進いたします。

Aについては、当社は、環境省から委託されて計画・設計したものですが、
島根県から表彰していただいています。
少し前に設計したものが施工され、それが景観的に優れている、
ということで、一般から推薦されたものが学識者などからなる委員会で
審査され、選出された、ということです。
業務自体は隠岐国立公園内の4つの園地での施設整備に関する計画や設計
でしたが、今回表彰されたのは隠岐諸島の西ノ島にある国賀浜園地から
降りていく園路について、でした。
管理技術者は私でしたが、実際に計画から設計に至るまで担当したのは、
計画室のN室長。
自然景観と設計した遠路が調和している、自然環境に配慮されている、
ということが評価されました。それこそが当社のねらいでもあり、
願いでもあります。そうしたことが、第三者からも評価されたということは、
非常に喜ばしいことですね。

Bについては、Sさんが管理技術者兼主担当者として主に設計室が行った業務。
都市再生機構から表彰されるのは初めてのことです。今年からこうした表彰を
するようになったとうかがっています。「感謝状」という名称ではありますが、
表彰状には「優秀な成績により」と記載されており、他の発注者における
優良業務表彰に実質的は値するものかと思います。
Sさんは当社随一のベテラン技術者ですから、さすがというほかありません。
業務内容は、私が関わっていないのでよく分かりませんが、
高槻市にある富田団地における環境整備の一環として、プレイロットであるとか、
駐車場などの施設や植栽といったものを設計したとのこと。
こうした都市空間・住空間での環境整備は当社が従来得意としてきたところであり、
伝統の強みを活かせた、というところでしょうか。


といったところで、3件とも非常にありがたいことですが、
特に私がうれしかったのは、調査室、計画室、設計室それぞれが
担当した業務・内容が表彰された、ということです。
どこの部署とかだれが、ということではなく、環境設計株式会社全体の
技術であるとかサービスが評価されたような気がしています。
また、若手が主となって担当した業務もベテランが担当した業務も
表彰されていて、バランスがとれています。
ベテランの技術に寄りかかって、とか、若手だけが突っ走って、
でなく、全員が主役となれることが理想だと思っていますが、
そこにちょっと近づいたかな、と思える出来事でした。

少々浮かれすぎかもしれませんが、コロナのご時世ということで、
上記の@、Bについては表彰式も省略され、浮かれる場もなかったということで、
ご容赦いただければ。

(代)

posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 23:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月02日

ワクチン打ってきた


またまた大阪府に緊急事態宣言が発令されました。
最初の緊急事態宣言以降は、うちの会社もテレワークが
取り入れられたり、入り口に消毒液、打合せスペースにアクリル板、
各フロアに加湿器が置かれるといった感染対策が施されており、
緊急事態宣言の有無によって普段の仕事のやり方が
変わるわけではなく、我々の仕事に直接的な影響が
それほどあるわけではありませんが、
やっぱり憂鬱な気分になってしまいます。

あと、多少の影響としては、打合せがテレワークになるかどうか、
ということもありますが、これは大阪府が緊急事態宣言かどうか、
というよりも、相手先がどこにあって、
そこが緊急事態宣言下かどうかの方に、
どちらかというと左右されます。
また、第1回の緊急事態宣言の時は、業務の一時停止、
工期の延長、といった措置がとられる業務や、
そういう対応をしていただける役所も
あったのですが、最近はそういう話を聞きません。
国土交通大臣から「公共事業は不要不急にあたらない」、
といった通達があってから対応が変わったように思います。

といったわけで、緊急事態宣言発令によって、
何か変わるということは特になく、
変わらず感染対策をきっちりやっていこう、
といったことかと思います。

ところで、私個人は先日、2回目のワクチン接種を終えました。
これにてワクチンコンプリート。
最強の体を手に入れました。
まあ、そんな気分です。

P7270002.JPG
こちら接種済証


ただ、コンプリートに至る過程ではだいぶ大変でした。
既にあちこちで報道だとかネット、SNSなどで
報告されておりますが、私のケースを報告してみます。

ワクチンの種類はモデルナ。
接種場所は大阪府が設置した大規模接種会場。
地元自治体が頑張ってくれたのか、接種券が早めに届き、
大規模接種の予約が空きだらけの段階で、日曜日の夜に予約。
これで週末も遊べるし、会社も休まずに済むと思って選択。
これが失敗だった。
6月25日に第1回目の接種(知事より1日早かった!)。
1ヶ月後の7月25日に第2回目の接種。両方、20時過ぎに接種。

1回目の接種では注射の痛みはまったくなし。
接種の後、その晩は特に問題なし。
2日目は少し肩が痛い程度。夕方から軽く発熱(Max37.1℃)。
多少ふわふわした違和感があるものの、どうということはない。
3日目以降は熱も下がって普通。
肩は3,4日痛かったように思う。その間は寝苦しかった。

2回目は注射がだいぶ痛い、1回目のこともあり、少々驚いた。
2回目の接種の後もその晩は特に問題なし。
2日目は朝から少し発熱(37.1℃ぐらい)。けだるい感じあり。
これは熱も上がると思ったので、会社は休むことにする。
昼ぐらいに37.5℃を超えて、寒気も出始める。
もっと上がりそうだったので、市販の風邪薬を飲む。
昼寝して夕方に起きると、寒気がひどい。
熱が39℃を超えていた。Maxは39.3℃。

P7260001.JPG

ただし、調査に使用する氷嚢とかを大量に用意し、
頭や脇の下とか冷やしまくったせいか、
その日の深夜には38℃を下回るようになる。
3日目の朝には37℃に達するかどうかぐらい。
多少のけだるさは残る。さらに、節々に痛みがあり、
特に首筋がつりそうなぐらい凝っている。
脇の下のリンパ節も少し腫れる。
そうした痛みや凝り、腫れは徐々に収まり、
4日目にはほぼ解消されたが、
なぜか4日目の夜に激しい歯痛(朝には収まる)。
あと、肩に赤い斑点(モデルナワーム)が淡くできていたが、
これも5日ほどでなくなる。

といったところで、2回目はけっこうな副反応がありました。
特に熱に関しては、報道だとか周囲の人に聞くよりも
高かったように思う。
体がまだまだ若い?
ひょっとして、既にコロナに1回感染していた?
まあおそらく、体質的に免疫反応が強いんでしょうね。
でも、同じようなDNAを持っているはずの兄弟よりも
だいぶひどい。なんでやー。
正直、コロナに感染した場合、自分がどうなるか予想できませんが、
感染したからってこれぐらい発熱する確率はどの程度なんだろう。
これまでの統計データからすると、感染するよりも
ワクチン副反応の方がひどくなる確率の方がよほど高いように思う。

ただ、まあこれで社会的責任は少し果たせたかな。
どの程度か分からないけど、これで多少なりとも
他人を感染させる可能性が下がるなら、本望です。
副反応も予想されたことではあるし、多くの場合、
3日目以降は収まることも分かっていたので、
怖さみたいなものはなかった。
といったことで、総じていうと、
ワクチンを接種した方が良かった、と思う。

高齢者や医療従事者でもなく、既往症持ちでもないのに、
というか、どちらかというと元気な方なのに、
多くの人に先駆けてワクチンを接種することに、
多少後ろめたい気持ちがあったけど、
副反応で苦しんだので許して。

統計的にはファイザーよりもモデルナの方が、
発熱などの副反応が出る確率は高いそうだし、
周りの話を聞いてもモデルナの方がだいぶ熱が
高く上がるようだ。
そういうことからすると、
急いでモデルナを打って損をしたかな。

あと、なんだかそのうち3回目も打たないといけない、
みたいな話がありますが、それは今のところ、
正直ご勘弁。
体からほぼ抗体がなくなったということがわかったり、
3回目はぜんぜん副反応がない、
ということがわかれば別だけど。
2回目よりも副反応がきつくなるかもしれない、
となると、お付き合いしかねる。

まあとりあえず、今のところ、
ワクチンコンプリートの特権を活かし、
ワクチン証明書を得て、海外を含めて旅行に行きまくり、
飲みに行きまくり、スポーツ観戦とかフェスとか行きまくり、
のつもり。

そうしたいなあ。
いいんじゃないの? ダメなの?

まあもう少し待ちますか。しゃあない、これも社会的責任か。



posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 19:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月21日

お弁当

 梅雨も明けていよいよ本格的に暑くなってきましたね。家でクーラーをつけるか否か、かなり迷っております(笑)
さて、僕は入社して4ヶ月弱になりましたが、今まで様々な現場に連れていってもらいました。その中に富山の現場があるのですが、そこは最寄りのコンビニに行くのに車で1時間かかるという正真正銘のド田舎です。そんな何もないところですがいつもお世話になっている宿の料理はとても美味しいです。特に晩ごはんがとても豪華でいつもお腹いっぱいになります。個人的には昼に持たせてくれるお弁当がすごく好きです。中身はおにぎりとおかず2,3品というシンプルなものですが、おにぎりの具がぎっしりと入っていて種類も豊富です。いつも今日の具は何かなと楽しみにしています。
そんな富山の現場も7月で一旦落ち着いて次があるのかどうかわかりませんがまた行く機会があればいいなと思います。
続きを読む
posted by Kankyosekkei Co., Ltd. at 14:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする